2007年12月28日

FAは俺の餌です

過去をタテに現在や未来を縛り付けるような、善意の仮面をかぶった極悪人を俺は存在として認めない。しかし、過去に行ったことを変えられるかというと、そういうわけにもいかない。それはもう「やってしまったこと」であり、「そうなってしまったこと」だから。


・体の痛みやダルさがマシになってきたので、久々に日記を書いてみます。こんばんは、上等兵昇進から1か月程で少尉まで駆け上がる程カネを使い込んだ、紫苑兼光です。2007年もあと4日。皆様、今年はどんな年だったでしょうか?


・かく言う俺はといいますと…あらゆる視点において「大変化」の時であり、同時に「対峙」の時であったと思います。ちょっとここらで、思い出せるだけダイジェスティブに(使い方間違ってるような、そうでもないような…)思い出してみましょう。

・そして、年末ということでネタばらしを大量に含めることにします。まあ、これは俺自身、アタマの整理をつけるという意味もあるのですが…ここらでひとつ、スッキリさせておきたいですから。イヤかも知れませんが、おつきあいくださいませ。


紫苑兼光の「2007年」

2007.1
・年明け早々ダイジェストを執筆している俺。この頃はQMAにおいて、まだまだ現役バリバリのダイジェスターだった。
・ブログを掘り返してみたら、アルカナハートをプレーしていた事実に気づく。格ゲーできない割に何やってんだか。
・1月いっぱいで、コンビニの夜勤バイトを円満退職。ちなみに勤務歴は早朝オンリーの時期を含めて4年と10か月。
・つーか、ナンダカンダ言って大学4年生最後の試験が来月に控えている。正直、かなりヒヤヒヤした心境が裏側にあったのだ…。
・QMA4開幕。メインCNに「フローレンス」と名付けた理由は特にない。マジです。
・キャラでユリを選んだ理由?使うキャラを「自分の分身」と考えるよりも「隣でおちゃらけるマスコット」的存在にシフトしたかったからというのが一番の理由。あと、「ポニーテール・青髪・そこそこ巨乳」。

2007.2
・ウェブ管理の多角化しすぎ。この辺りまでは5コも回していた(注:ネタばらしその1。QMAプレイヤーのサイトリンク、通称「図書館」の管理人である「天麩羅」の正体は俺。まあ、勝手に自爆してからというものの、今は何もやってないわけだが)。
・大学生活最後(?)の試験が終了。あとは野となれ山となれ。
・賢豪戦ダイジェストで、ダイジェスト執筆史上最多ミスが発覚。ブログには、そこら中に訂正の跡が残っている。
・OKA3大会で、ユーディ氏、なぎさたん氏に初めてダイジェストに要する記録を委任。その間、俺はEAGLE氏より提供を受けた記録用紙のテストを執行。
・このあたりから、請負バイトもどんどん入れていく。ただ、交通費の負担が意外と大きく、時給換算すれば目も当てられない状況に。
・試験の結果が返ってきた。どうやら無事卒業できるらしい(注:ネタバラシその2。実は必要単位である124単位ギリギリで卒業。さらに卒論も必要ではないため取ってない)

2007.3
・ブログを現行のseesaaブログへと移転。でも5月くらいまで書いてない。
・就職への準備やら何やらで、いろいろとてんやわんや。
・月末あたりから新人研修で滋賀県へ4日間泊まり込み。その後、実家には帰らず。

2007.4
・研修が終わってから奈良県で寮生活。寮といってもワンルームマンションの一角を、会社が借りているという形のもの。つまり…早い話がフツーのマンションとなんら変わりない、と。
・出勤まで2日空いていたので、この間に近所を散歩したり、部屋のレイアウトをしたりで、結局のんびりできた日はあまりない。
・新社会人としての年がスタート。ちなみに10時出勤、8時あがり。ただし、慣れていくにしたがって労働時間は徐々に増えていく。
・休日。さあ遊ぼうとJR奈良駅近辺にあるゲーセンヘ…って、歩いていける距離にゲーセンがないのかよ!ちょっとガッカリ。
・帰宅時、JR奈良駅でトラップにひっかかる。間違えて桜井線の電車に乗ってしまい、王寺に着くのが2時間ほど遅れが。翌日、同僚に見事あきれられた。

2007.5
・仕事にもちょっとずつ慣れてくる。オープン前の準備にも携わることになったため、出勤が9時頃に。
・ちゃっかりダイジェストが書かれていたのには、俺もビックリ。そんな暇あったんかいな。
・ADSLが開通。この時期からネットライフが復活。
・キャノン大会にダイジェスターとして参加。しかし遅刻(注:ネタばらしその3。ハワイ研修から帰還したその翌日にキャノン大会へ参加する予定だったが、なんと飛行機のトラブルで帰還が1日遅れ!帰宅後に急いでキャノン大会に向かうという、超強行軍となった)。とはいえ、こればっかりは俺にはどうしようもない。
・とりあえず、国際電話で店長とEAGLE氏に連絡。しかし、帰国後に衝撃が…(ネタばらしその4。代わりがいるからまあ問題ないじゃん、とタカをくくっていたが…帰国後、エレバラル氏、なぎさたん氏、EAGLE氏のmixiを見て、当日の大会人員不足やGP内部にトラブルが起こっている事を知る。「事情が事情だし、まあしゃーないか」というわけにはいかず、全力でキャノンへ向かい、その道中でEAGLE氏に事の顛末を知るべく電話。とりあえず、EAGLE氏をキャノンに召喚する事に成功)。ちなみに、2回戦が始まる手前で何とか到着。

2007.6
・5日間の夏休みを狙ったかのように、GP関連の騒動が勃発。その火消しにやっきになる。しかし、5日間でなんとかできればという俺のもくろみはうまくいかず、現在もまだその火種がくすぶっている。
・仕事はホールオンリーから、フライヤーを新たに覚えることに。しかし、オーダーがまるで覚えられず大苦戦。
・その間も、ブログや2chでさまざまなコメントが届く(注:ネタばらしその5。休憩、または寝る時間を削ると仕事に障るのが明白だったので、無責任モードに突入。事実、酒を飲んだら結構荒れた)。
・寮の近くの心療内科に通いだす(ちょっと時期が前後しているかもしれないが…)。服薬により、不安症状などが少しずつ改善。

2007.7
・仕事にて、1回目の転機が訪れる。開店前の鍋まわりの準備、まかないを自分で作るようになると、突然仕事の質量が激増。また、あまり聞きたくない話を聞いてしまうことに…(諸事情により、ここのネタばらしは自粛。ウェブで公開するには重すぎる)。
・この頃から、心身にかかるストレスが増大。疲れが抜けにくくなった。
・あまりに体がダルいので、近所の整骨院に飛び込む。ここが大当たりで、その後、休みの日はここでマッサージを定期的に受けるようになる。
・労働時間が9時から22時までになる。ただし、給料がつくのが8月中旬から。今思えば、なんでこんな条件で何も言わず働いていたのか謎だ。

2007.8
・夏のフライヤーでズタボロになるほど仕事に追われた。悔しさのあまりヤケ酒。
・麺場を新しく覚えることになった。事前にレシピを全部ノートと頭に叩き込んでもらった事もあり、麺場の習得はフライヤーより数倍早かった。周囲も驚くほどに。
・入社前の懇親会からよくお世話になっていた同僚が、大和新庄へ転勤。うーむ、お前にゃ仕事で先を越されっぱなしだったのだが…。
・また、並行して比較的ヒマな時間帯に餃子を焼く事になったり、人員削減を目的にフライヤー、麺場、餃子場を見ることになったりと、これまた負担激増。

2007.9
・個人的事情もあって、服薬と通院を突如中断。しかし、この恐ろしさを、この時期の俺は全く理解していなかった…。
・服薬中止から1週間もたたない間に、仕事中か休日かの別を問わず、めまい、吐き気、頭痛などの症状に悩む。実際に1度、早朝に吐き、高熱も発症している(注:ネタばらしその6。当初はこれをカゼと誤認し、店長に欠勤の連絡を入れている。服薬中断の症状と知るのは、もう少しあとの事だ)。
・いっこうに症状がよくならないので、今までに自分が飲んでいた薬の事について調べてみると、パキシル服薬に関する注意事項が載っていた。そこで初めて、服薬中断の弊害を知ることとなった。
・仕方なく服薬を再開。しかし、仕事のストレス増大も相まって、症状が治まるどころか逆に悪化傾向に。この時期、半ば人間不信に陥りかけていた俺は、薬を捨ててこの症状と自力で戦う事を選んだ。今思うと、本当に無謀なヤツだ。

2008.10
・起床時、立ちくらみを起こしてベッドから変に転落。たかだか数十センチ程度の高さのはずが…腰の痛みで動けなくなるという、普通に考えればありえない事態に遭遇。朝から病院に駆け込み、遅刻出勤。
・仕事上の叱責も増え、精神的負担がピークに達する。
・それまでうまくできていたはずの鍋の開店前準備で、ことごとくミスを連発。また、営業時のオーダーも頭に入らず、チーフをはじめ、鍋を振っている人からも激怒の嵐。「もうここで働いていけない」という考えで頭が埋め尽くされ、その翌日、とある計画を立て、それを実行することにしたが…。

・この辺一帯からネタばらし7。心身の諸症状と職場での不安に耐えきれず、社会人としてはあるまじき無断欠勤を敢行、そのまま職を去る…はずが、なんと店長が寮の合鍵を使って部屋へ突入。逃亡前にお縄につくこととなり、逃亡計画は失敗に終わる。その日の仕事は特に何もなかったが、「合鍵まで使って突入されたらたまったもんじゃねぇ!」と、余計に不安が拡大。
・というわけで、2回目の逃亡を決意。今度は絶対に捕まらないように、仕事が終わった後に、近所のスーパーで国内旅行用のキャリーバッグを購入。必要な荷物と着替えを持てるだけ詰め込み、こっそり梅田へ逃亡。その夜は、ネットカフェでシャワーを浴びて休養。
・さらに気でも触れたか、荷物をネットカフェ近くの大型ロッカーに移し、「もう人生どうにでもなれ!」とヤケを起こし、久しぶりにアチョーランバトへ参加。打ち上げにも参加はしたが…関東からふな氏やFITZ氏までお越しになっていたというのに、荒れっぷりが止まらず。何やってんだか。
・日曜日。このままじゃやっぱりどうしようもないということで、エリアマネージャーに電話。生駒で色々話を聞いてもらったり、聞いたりするうちに、いつのまにやら枚方転勤の話が飛ぶ。俺自身、ここで退職するつもりだったし、クビが飛ぶ覚悟みたいなのはあったのだが…何が何だかわからないうちに、翌日、王寺から枚方へ飛ぶことに。と、ここまでがネタばらし7。

・枚方寮到着初日。荷物運びをしていると、寮の住人さんに遭遇。荷物運びを手伝って頂いた。ちなみに、その人は転勤先で働いている方で、今では仕事を教えてもらったり、飲みにいったり、休憩時間にたまに戦場に出たりと、いろいろお世話になっている方だったりする…いやはや、偶然とはオソロシヤ。
・枚方での勤務初日。突然昼間の麺場にブチ込まれる。夜とは比べ物にならない程のオーダーに追われ、ヘトヘトに。もちろん、服薬中断の弊害と戦いながらなのは言うまでもない。

2007.11
・服薬中断の弊害が、夜は出づらくなっていることに気づく。昼間を乗り切ればなんとかなる、と知ったことで、少し不安が削られた。
・さらに渡りに船というか、夜の人員不足ということで、12時出勤のラストまでという勤務シフトに。これで、朝の不安症状と戦う時間も減る…!
・職場の先輩、さらに店長まで戦場の絆をプレーしていると知る。さらに、職場から歩いて5分で戦場が見えるということで、俺も戦場の絆をジオン軍にて復活。まさか、大学時代にあきらめた、この超絶金食いゲームに手を出すことになるとは…。
・店舗改装ということで11月末から一時的に店を閉めるという話を知った。ここがチャンスとばかりに有給について聞いてみたが、あっさり撃沈。つーか、社員全員誰も休みたがってないというか、休むのを諦めているのには参った…。何のための有給制度なんだか。
・改装後は、鍋のコンロが1セット増えるとのこと。店長いわく、年明けには俺が鍋に入るチャンスも増える…と。こりゃうかうかしてらんねぇ!
・改装期間中は割引券配りや、餃子の売り出しのヘルプやらで応援の嵐。さすがに、夜高速ブッ飛ばして滋賀県まで行け、ってのには社員全員が辟易…疲労も言うまでもなく。
・月末に新装開店。新しい店の配置に慣れず、さらにお客さんも詰め掛けるわで全員てんやわんや。本当にこんなんで大丈夫なのか??
・営業終了後、職場と戦場でお世話になっている先輩や、バイトと飲みに行く機会が増えていった。その分飛ぶカネも増えたが、こうやって酒飲んでしゃべったりできるのは、本当に楽しい。
・QMAや音ゲーをプレーすることが少なくなっていったかわりに、戦場の絆やアンサーアンサーにハマりだす。

2007.12
・めまい、吐き気、頭痛が徐々に少なくなっていったのが明らかにわかった。ミスが続いたりすると再発することもあるが、大きな動揺さえなければ、そういう症状がひっこんでくれるようになっていた。とりあえず、峠を越えたとみていいのだろうか。
・ただ、体の痛みまではさすがにどうにもならず。近所の整骨院に通ってはいるものの、マッサージの仕方が相性が悪いというか、何というか…そこが今の悩みどころ。
・少しずつ、改装店舗での動き方が体に染みついていった。ここでのメインポジションは麺場だが、状況に応じてカウンターで接客したり、レジを打ったりと、とにかく動きまわるようになっていた。半分無意識にちょこまかしていたので、俺自身は「動いてる」という実感はなかったのだが…周りにはよく動いているように見える…らしい。
・時々、麺場から餃子場に移る機会も増えた。焼きすぎて何人前もダメになってしまう事が多かったが、今では昼のオーダーなら大きくコケることはなくなった。
・注文書の単価表(材料などの仕入れ値が書いてある紙)をもらった。今は使うことはないのだろうが、いつかこれにお世話になる日も来るのだろう。
・年明けから鍋を徐々にやっていくはずが、いろいろあって年末辺りにそれが前倒し。とりあえず、今鍋でできるメニューは焼き飯、天津飯、焼きそば、味噌ラーメン、麻婆豆腐、すぶた、もやし炒め。マトモに鍋振りとしてやっていくには全然まだまだだが、そこは今後次第…。


と、まあ、これが俺の2007年略歴です。道中、眠気からはしょった所も多々ありますが…そこはご容赦を。


皆様の2007年は、どんな1年だったでしょうか?楽しいことやつらいこと、いっぱいあったと思います。

2008年もまた、皆様にとって良き1年でありますように…それでは、良いお年を!
posted by 紫苑兼光 at 01:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

ミエナイモノ

「もし俺が死んでしまったとして、いったい何人が泣いてくれるのか」

そういう事を考えない人は、たぶんいないんじゃないかと思う。

自分がここにいることで、周りにどういう影響があったのか?自分はここにいてよかったのか?誰だって、そういう気持ちが裏側にあるから。



・まさか、土曜日が休みになるとは思ってもいませんでした。おはようございます、紫苑兼光です。しかも、休日とわかったのが木曜日の仕事帰りのでんわです。


(紫苑)『お待たせしました、紫苑です』

(店長)「もしもし?紫苑?土曜日も休みな」

『…はい??』

「いや、急でやることないかもしれんが、来週は店長同士の忘年会やら何やらで、ここで休みとってもらわんと予定が合わんのよ。そういうことやから、ちょっと頼むわ〜」

『あー…そうなんですか、わかりました』

「そういうことで、ほんじゃ、おつかれ〜」


以上、通話時間37秒の旋風。


・さて、所変わってちょっと考えたくもない話題。


・マエセツで死を予感させるネタを振りましたが、こういう話をするのはちょっとワケアリでして。実は昨日、夕方から会社が団体契約している保険業者が来ましてねぇ。保険のことでどーたらこーたら、かれこれ2時間ぐらいミーティングしてたんですよ。まあ、社会人1年目ってことで、ある程度安くなる団体契約で入っておくのも手かなぁということで、保険の見直しがてら話にのったのですが…そのことで、ちょっとお話させてもらいます。


・私が今入っている保険は、「ナントカ共済」でおなじみの「全国生活協同組合連合会」の保険です。特約コミで1月3,000円と、なんともローコストなやつですわ。とりあえず、保険には入っておかないとまずいじゃん、ということで、社会人になってすぐに加入したものです。


・選んだポイントは、やはり「明朗会計」。保障額も、月々の支払額もシンプルそのもの。確かに、ちょっと物足りないというところもありますが、新入社員としての収入を考えると、まあこんなものかな、といったところでしょうか。


・さて、例の生命保険会社から「あなたにピッタリ」の保険プランを提示されたわけですが…こっちは保障範囲も強烈ですが、1月1万円以上するプランがズーラズラ。「保険料は、月々の給料の10%程度が目安」なーんて意見を聞きましたが…正直、俺はこう思いましたよ。

「テメーら、人様の財布ン中身ずけずけ覗いてんじゃねぇ」

まあ、1年目ってことで、実際に支給されてる給与がケッコーわかりやすいってのもあるのかもしれませんが…「初任給〜万円」ってデータ、容易に取れますからね。トホホ。


・話は戻ります。そのミーティングで提示されたプランは高すぎる上に、ピッタリとか言っといて実は俺の現状に即していない部分がかなりあったので、プランを突き返し、もう一度見積もりを作ってもらうように提案しました。

1.奨学金返済の部分で、遺族(いわゆる家族)に迷惑をかけられない。ちなみに返済残高約400万円。
→死亡一時金400〜500万円は最低ライン。あとは、葬式費用やら「死後のコスト」を賄える程度に減額。たらふく遺産として残すと後がややこしい上に、そもそも俺には扶養家族がいない。

*保険金にかかる税金の心配もあったが、親兄弟に保険金がおりる場合は「相続税」になるとのこと。仮に俺が死んで1,000万円程度の保険金がおりたとしても、税金で持っていかれるほどの額ではない…そうだ。ちょっと安心。

2.35歳までにがん、心筋梗塞、脳卒中になる確率を考慮。1月4,500円かけて、前述の3大疾病になったら(あくまでも「なったら」の話)、死ぬまで年額120万円支給される特約をつけるのは負担が大きすぎる。
→保険会社がオススメとはいうものの、この特約を破棄。確率の割に高すぎる。

3.しかし現状、保険抜きでは「生き残った時のコスト」を賄いきれないのは事実。
→入院保障額を一律10,000円から15,000円に増額するかわりに、成人病特約を破棄。冷たいようだが、俺にとってはスンナリ死にきれなかった時の方がよっぽど怖いから…。


・と、こんな具合に若造がバシバシ口出ししちゃったわけで。こうすれば、保険料そのものは3割〜4割くらいは削れると踏んだわけですが…むこうさんもなかなか上手ですな。新たに提示されたプランを、今日メール経由で拝見したわけですが…なんだかんだやってくれましたよ。


・2つのプランのうち、コストダウンとなっているのは1つだけ、しかも1割程度。もう一つは、逆に保険料が上がっちゃってます。よーく見たら、やっぱり余分な特約をキッチリつけられてました。こりゃあ、ちょっと長くなりそうです。


・どうしてもラチがあかないようなら、ほかの手を考えますか。保険会社は1社だけじゃないですし。
posted by 紫苑兼光 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。