2006年09月18日

ジェットモグラの郷愁

見事な中5日登板であります。こんばんは、紫苑兼光でございます。まあ、明日から「最後の」後期授業が始まるということで、その辺で粗相かますのは大目に見てやってください。



もう1回4年生ってのはカンベンな。




と、金曜日にとりたい授業が山のように連なったお陰でヒィーコラ言いそうでありますが、そんなの皆様は知ったこっちゃないですよね。そゆことで、本題へ。




今日は、地元で夜からドラムマニアV3をプレーしたついでに、本を1冊買ってきました。電車の中でも読める文庫本を1冊は用意しておかないと、ケータイの電源が落ちたり、音楽に飽きた時とか退屈になっちゃいますから。



中吊り広告からテキトーに妄想を広げるという手もあるのですが…全車両1種類だけ、という時もありますからねぇ。確実とは言い切れないわけで。



何を買ったのかと申しますと…久々に和田秀樹氏の著書を買いました。『「すぐれた考え方」入門』という本です。ちなみに三笠書房刊の文庫本で、お値段は税込560円ナリ。




ところで、もうお気づきかとは思いますが、私自身の持っているネタというのは、決して多くありません。



それは本から得たものであったり、ふと歩いている時に感じたことであったり、誰かから教わった、あるいは頂いたり…ごくごく身近に転がっていたネタばっかり。「コイツは通というか、えらいマニアックなネタ知っとんなー」というものは、本人の特性上、出そうにも出せないのです。



QMAの正解率を見ればモロバレですよ。QMA1の頃からプレーしてるのにどんどん下り坂、正解率はもうすぐ60%アンダーです。そのクセ武器もありません。




ですから「私はこう思う」という形で、稚拙ながらも問題提起をしていくなり、考えた事をミックスして書いていかなければ、「祝杯」を書き上げることができません。ここを見ていただく要素が消えてしまいます。




時には見当違いの意見を申し上げてしまう事だってあります。思考が間違った方向に行ってしまう事も少なくありません。しかし、たとえ少しずつであっても、そのズレを自力で修正し、今後もっと高度な知識を得たときであっても、それを充分使いこなせるレベルの思考回路にしていきたいものです。



こう見えて…「教育されること」については、あまり歓迎したくないタチなもので。




本日の執筆は以上。お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 21:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 沈思黙考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■無題
Drum&amp;Guitarの新作やりました(笑)<br />e-passでできるところがカードに費用かけなくていいですね</p>
Posted by ユイパン@ユウカのなかのひと at 2006年09月19日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。