2006年10月26日

左胸の証は頂点を指す

朝は随分寒かったんですが、まだまだ昼間は暖かいですな。こんにちは、紫苑 兼光でございます。おっと…そういや昨日からBBH2がリリースされておりますが、こっちはまだプレーできそうにありません。というか、人ごみできてそうですが。




さて、今日は自慢が多少入るかもしれませんが、今まで拝めた事のないものを目にしましてね。そのことをお話しさせていただきます。まずは画像をどうぞ。



金バッジ


「セブンイレブン従業員の制服じゃないか、それがどうした」と仰る方。よーく見てください。黄色い缶バッジの上に、なんかアヤシイ物体が光ってませんか?そう、「7-ELEVEn」のロゴが入った、金色のバッジです。ちなみに私は、今日初めてその存在を知りました。他のセブンですら見たことがありませんでした。



話は多少戻りますが、この金バッジをつける事になった原因は、先週末ぐらいにあった「おでん70円均一(150円以上は対象外)セール」なんです。昨日の夜勤でマネージャーとOFC(簡単に言うと、セブンイレブン−ジャパンの店舗経営指導員)から聞かされたのですが…バイト先でのセール期間中おでん販売数が…、



全国トップ10入りしました。



うーむ…普段使っている什器だけじゃ間に合わないからって、ガスコンロとナベを使っておでん炊いてましたからねぇ…まさかそこまでゴッツい事になっていたとは。



そして、そのゴホウビといいますか、従業員は「金バッジ」をつけさせてくれる事になりましてねぇ。しかもコレ、全国各地を眺めてみても、胸元につけられる機会がある方はそうそういないとか…。というか、そんなのがあるなんて、



本当に知りませんでした。




とはいえ、あんまり無邪気に喜んでばっかりもいられないんですよ。



マネージャーが言うには、実はこの「金バッジ」…退職する時に返さなければならないとの事です。休憩時間、それを考えるとちょっとガッカリしましたねぇ。これがなくなると他に形として残るものが、何もありませんから…それを考えると、こうして携帯のカメラで写真を撮っていました。



金バッジをつけさせてもらった以外、何かあったのか?と考えると、本当に何もないんですよねぇ、残念ながら。もちろん、「自分のシフト内においては、キッチリおでんの面倒を見た」と言えるのは確かなんです。そういう意識の部分を除くと…この金バッジだけなんです。



ボーナスが出たわけでも、時給が4ケタになったわけでも、本部やOFCから賞状が配られた訳でもありません。マネージャーやオーナーからも、特段何かあったわけでもなく…。胸元にアレがある以外は、いつもどおりでした。




こうして、働きを認めてもらえるのは私にとって嬉しいものですが、ここを退職しても形として残るもので称えられたかった…少なからずそう思います。それもそのはず、私がここにいられるのは、長くてもあと3ヶ月程度なのですから…それを思うと、一時とはいえ心躍った自分のバカさ加減が出ているようで、少しあざ笑ってやろうかとすら思えました。



うーむ…なんか微妙な心境。




本日の執筆は以上。お粗末様でした。

posted by 紫苑兼光 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。