2006年12月05日

(戦史:まほまほ迎撃戦)

こんばんは、紫苑 兼光でございます。



さて、私事により少々遅くなって申し訳ありません。2006.12.2に行われました、当方主催の宴会前のまほまほ氏迎撃戦のダイジェストをお届けいたします。どうぞお楽しみ下さい。




2006.12.2


まほまほ迎撃戦



総参加者


18名(うち後の宴会への参加者11名)



参加者内訳


まほまほ(遠征、全試合に参加)



おとなしサヤ、りょうすい、もんぷティ、ちゃっぱ、アサギリ、SIN、ヘミソフィア、くしろまい、123き、ジャポニカ、1374、とよひろ、パッフェル、フッケバイン、フィルヴィス、タクト、きみたま



全8試合収録(但し、うち1試合はボケバトル)



追加ルール


迎撃者は、最低1回は試合に参加する。



各対戦において、追加ルールが変動した場合がある。



戦史追記


SINが参戦した試合のダイジェストは、もんぷティ氏、フィルヴィス氏に執筆を代行していただいた。感謝の意を込め、ここに記載する。





---------------


さて、SINがゲームゼロを引率ありの集合場所に指定したのは確かであったが…18:45集合にも関わらず、遠征で来られたまほまほを始め、それ以前から多くの方々が大挙した。また、おとなしサヤはカーニバルにいるりょうすいをゼロまで召喚、かくして、壮大な規模となりつつも、迎撃戦を前に全員の士気は高まっていった。


---------------



第1試合


(無制限)



1:おとなしサヤ(賢6) スポR2 286.40 1位


2:りょうすい(賢6) 学問エフ 272.81 3位


3:まほまほ(賢6) 芸能エフ 228.39 4位


4:もんぷティ(賢6) 学問多答 275.06 2位



偶然にも全員が賢者6段という組み合わせで迎撃戦が開幕、特に前半戦は波乱の模様を呈した。スポーツランダム2でおとなしサヤが独走したと思いきや、学問エフェクトではりょうすいが真価を発揮、おとなしサヤとの差を詰めた。不幸にも芸能エフェクトは易問続きとなったが、最後の多答が少々荒れ場となった。惜しくも実力を発揮できなかったまほまほだったが、ここから後で大逆襲の演舞が繰り広げられる事を誰も知らない…。



---------------



第2試合(記録:もんぷティ)


(無制限)



1:ちゃっぱ(賢6) ノンR3 292.44 3位


2:アサギリ(賢4) 雑学R3 220.08 4位


3:SIN(賢3) アニキュ 293.06 2位


4:まほまほ(賢6) 芸能順当 309.42 1位



メンバーを入れ替えて第2戦、突如飛び出したノンジャンルランダム3でアサギリが大転倒、とはいえ他の3名も無傷で済むことはなかった。続くアニゲキューブではさすがに差がつかず、雑学ランダム3も易問続きとなった。さて、そろそろフラストレーションが溜まってきたのか、出したジャンルは芸能順当て。自らも傷つくものの、それまでについた差を確保して、見事1位に帰り咲いた。



---------------



*開始前、まほまほのカード読み込みミスにより、急遽ノンカードでの店内対戦突入が決定した。



第3試合


(無制限)



1:ヘミソフィア(賢4) アニタイ 252.52 2位


2:くしろまい(賢4) 学問キュ 239.11 3位


3:123き(賢4) 雑学並べ 140.84 4位


4:クララ(NC) 芸能○× 303.40 1位



(2006.12.6訂正)


*ヘミソフィアさんの段位を間違えて表記しておりました。訂正してお詫び申し上げます。



さて、一時アクシデントがあったものの、そのまま店内対戦は継続された。まずはアニゲタイピングでくしろまい、123きに大打撃、一気に差をつけたと思いきや、クララはなんとノーダメージ。続く学問キューブ、雑学並べ替えを4人とも軽くこなして、さて、クララがナニを出すかと思いきや、なんと芸能○×。比較的正解率の高い問題が出たとはいえ、○×本体の殺傷力が桁外れということもあり、なんと並み居る賢者をブッ飛ばし、クララが勝利。



こいつは…こいつは、ただの修練生じゃねぇ…!



---------------



第4試合


(無制限)



1:ジャポニカ(賢7) 芸能連想 278.53 4位


2:1374(賢5) 学問タイ 297.34 3位


3:まほまほ(賢6) 芸能R3 353.76 1位


4:とよひろ(賢8) アニ多答 336.49 2位



大阪を代表する強豪3名が、まほまほの前に立ちはだかった。まずは芸能連想で、なんとジャポニカが6問とも1行目でダイブするというパフォーマンスを魅せ、観客や対戦相手を大いに沸かせた。続く学問タイピング、正解率5%の新問を前に、突如とよひろが「あかつきはぁはぁ」と萌えソウルを全開。後半戦では正解率の低い問題や多答が多く出題されたものの、4人とも大きく崩れることはない、非常にハイレベルな試合展開が特徴的だった。



---------------



第5試合


(無制限)



1:パッフェル(賢5) スポR1 284.99 3位


2:フッケバイン(賢2) アニキュ 260.87 4位


3:フィルヴィス(賢4) アニキュ 297.72 2位


4:まほまほ(賢6) 芸能R4 304.67 1位



まずはスポーツランダム1、まほまほのタイプミスにも助けられ、ここでいいスタートダッシュを切った。しかし、続くアニゲキューブ12連発では、自身のタイプミスもあり徐々に失速、フッケバイン、フィルヴィス、まほまほの三つ巴となった。さて、最後は芸能ランダム4だが、これまで持ちこたえてきたフッケバインは耐え切れずに大打撃、最後はどうなるかと思いきや…速度差もあってか、惜しくもフィルヴィスが倒れた。今回もまた、接戦につぐ接戦が熱い。



---------------



第6試合


(スポーツ限定。形式は問わない)



1:とよひろ(賢8) キューブ 306.36 2位


2:まほまほ(賢6) ランダム2 288.89 3位


3:パッフェル(賢5) ランダム1 243.75 4位


4:おとなしサヤ(賢6) ランダム2 357.13 1位



さて、ここは赤限定の縛りバトル。まずはキューブで4人とも軽やかな滑り出しを決めたと思いきや…ランダム2でパッフェル、とよひろが少々転倒、その隣をまほまほ、おとなしサヤが通り過ぎた。続くランダム1ではまほまほだけではなく、意外にもパッフェルまでダメージを受け、少々困惑気味な展開となった。続くランダム2では易問続きで、スポーツに強いおとなしサヤが、まほまほの連勝を5でシャットアウト。見事1セーブをつけた。



そうそう…17問目に出題された四文字の分岐が「イニング」(野球)から「フレーム」(ボウリング)になるのはランダム1の出題としては正しいのか?と、軽い疑惑の声が上がっていたのも書きとめておく。



---------------



第7試合(記録:フィルヴィス)


(四文字限定。但し、全員が問題文を隠して解答)



1:タクト(賢6) 雑学 158.06 2位


2:SIN(賢3) ノン 95.23 4位


3:もんぷティ(賢6) 学問 224.07 1位


4:まほまほ(賢6) 雑学 156.51 3位



さて、誰が言い出したかは知らないが、ここで狂気の戦い・四文字ブラインドバトルが展開された。漢字が選択肢にない問題に大きく苦しみつつも、4名とも少ない手がかりを元に考え抜いた。ここは場数や得意分野が大きく左右されたのか、なんともんぷティが半分以上を正解するという快挙。場内はその洞察力に沸いた。



---------------



第8試合


(ボケバトル。したがって、形式はタイピング、キューブ、エフェクトに限定)



*ボケバトルのため、初参戦となるきみたま以外はサブカードを使用。「しまねじん」は「まほまほ」、「とおのアキハ」は「おとなしサヤ」、「ジュリアーノ」は「もんぷティ」のサブカード。





*この試合に限り、全員の段級位不詳。



1:しまねじん アニタイ 0.00


2:とおのアキハ スポタイ 0.00


3:きみたま ノンキュ 0.00


4:ジュリアーノ 芸能タイ 0.00



ボケバトル開始前に、なんときみたまが参戦を表明、そのクオリティを見極めるべく、観客は大いに興味津々…さて、ボケバトルのダイジェストは普通の書式を用いては書けないので、そのごく一部をピックアップ形式でお届けする。どんな問題が出題されたか、はたまた正解は何だったのかは、皆様自身で推理してほしい!



なお、彼らの解答はカッコ内のものだ。少し見づらいのはご容赦を。



・アニタイ


[2]「(ミヤマ)ユーキ」(しまねじん)、「(メタル)ユーキ」(きみたま)。[3]「デッド オア (アライバ)」(きみたま)。



・スポタイ


[1]「(アブノーマル)ヒル」(きみたま)。[2]「ランディ・(ムスコガビョウキ)」(とおのアキハ)。[3]「(カネムダヅカイ)・ジャイアンツ」(しまねじん)。[6]「(フサフサ)市原」(きみたま)、「(ハヤト)市原」(ジュリアーノ)



・ノンキュー


[1]「ギブネックス」(しまねじん)、「エンマチョウ」(ジュリアーノ)。[2]「ポリデント」(しまねじん)、「ポプリクラブ」(きみたま)。[6]「じょうわんきん」(しまねじん)、「すてろいどしよう」(ジュリアーノ)。



*番外編


[3-5]「ポプリヨンデマス」→「きのうかいました」→「シグニャンモエー」(匿名希望?)。



・芸能タイ


[1]「(タカラバコ)の血統」(しまねじん)、「(ヒトクイバコ)の血統」(とおのアキハ)、「(ミンミンミラクル)の血統」(きみたま)。[5]「新(シュンシャンソン)SHOW」(ジュリアーノ)。[6]「T-(BACKS)」(とおのアキハ)、「T-(BACK)」(きみたま)。



---------------



遠征でお越しになられた、まほまほさん。宴会へのご参加も含め、2日間に渡りおつかれさまでした。



また、迎撃にご参加頂きました、おとなしサヤさん、りょうすいさん、もんぷティさん、ちゃっぱさん、アサギリさん、ヘミソフィアさん、くしろまいさん、123きさん、ジャポニカさん、1374さん、とよひろさん、パッフェルさん、フッケバインさん、フィルヴィスさん、タクトさん、きみたまさん。ご協力ありがとうございました。




それでは、以上で迎撃戦のダイジェストを終わります。長文にも関わらず、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

posted by 紫苑兼光 at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■無題
ボケ大会のアレを番外編にしてくれたことに感謝いたしますwww</p>
Posted by 某匿名希望 at 2006年12月06日 21:07
■ああ、アレね。
>誰かさん<br />さすがにアレを名前入りでかますのは可哀想だなぁ…と。</p>
http://ameblo.jp/starlight-sin
Posted by 紫苑 兼光 at 2006年12月07日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35416586
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。