2006年12月15日

煙に巻いたと思いきや

決戦の終焉まで5日を切りました。夜分恐れ入ります、紫苑 兼光でございます。ところで…こちらをご覧になっている、近畿圏QMAプレイヤーに再度ご連絡いたします。「近畿圏プレイヤーの投票所
」の投票期限は、12月20日の23:59です。



締切までに土日が使えるのは今週が最後となります。御迷いの所を急かすようですが、ご投票を済まされていない方は、この機会にぜひ宜しくお願い致します。




さて…少し間が空いてしまいましたが、今日の本題を。帰宅後に見かけた、ガス代の料金票を見てのおはなしです。



木曜日は夕方から大学ということで、帰宅が22時を過ぎてしまいました。雨を逃れてやっとこさのんびり…というところで、テーブルの上に妙なものを見つけましてねぇ。それが、たまたま大阪ガスの料金票だったんですよ。まあ、表側はただ単に使ったガスの量と、それにかかる代金が書いてあるだけでしたが…問題は裏側です。



ご存知ですか?



住宅用火災警報器等の設置が義務化されました。ですと。



いやはや、驚いた驚いた。しかも、もう少し詳しく読んでみますと…設置場所は寝室・階段。設置期限は最短で平成21年5月末までとのことです。長い場合ですと、さらに2年後が期限になっています。



あと3年…ですな。とはいえ、義務化といっても罰則があるかどうかわからない上に、どうやってそれを厳守させるかは難しいところですし、本当に普及するかどうかは疑わしいとは思いますが。




もちろん、万一の火事・ガス漏れという事故から身を守るためという理由はわかります。なんだかんだ言っても、人命優先の施策であることは間違いないでしょう。特に、熟睡してたら気づけるものも気づけない…というパターンはいくらでもあります。



しかし、ですよ。



義務化を知らせる文章の上にちゃっかり「リースプランあります」とか、どうしたもんでしょうか。義務化をいいことに「買ってくださいね!」という意味を含んでいるようにしか見えないのですが…皆様いかがでしょうか?




ちなみにウチは2階建てですが、めちゃめちゃ狭い家なので、煙がよ〜く回ります。しかも、阪神大震災の影響で家中スキマスイッチでございます。多分、警報機が鳴る前に反応できると思いますが、そういう家でもやっぱり必要なんでしょうね、警報機。




本日の執筆は以上。お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35416591
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。