2006年12月24日

(戦史:エンパラ大会)

2006.12.24 15:00から開催されました、エンパラ大会のダイジェストをお届けいたします。




2006.12.24


エンパラ大会戦史




総参加者:25名


全15試合収録


追加ルール:なし


組み合わせ特記事項:25名の参加者を、A組に12名、B組に13名を配分する。両組とも、3人もしくは4人対戦の各試合で2名の勝ち抜けとし、最終的にA組に残った2名、B組に残った2名とを合わせ、これを決勝戦とする。また、決勝戦未満の戦いは、A組のメンバーとB組のメンバーとが戦う事は一切ない。必ず同じ組のメンバーで対戦を行う。



・事前補足:各ブロック組み合わせ


注:1回戦における対戦の早い順にソートしている。



A組…なぎさたん、1374、あかつき、おとなしサヤ、がんでん、もんぷティ、アッシュ、KENIX、つちのコ、パッフェル、エステル-F、きみたま。計12名。



B組…アカボシ、みみこ、はっち、005、ナルキッソス、レイジ、ユーディ、ノダムル、くしろまい、ふろーりあ、カトレア、MALT、SIN。計13名。



戦史補足


1回戦Bブロック第4試合においてはSINの出場を理由に、なぎさたん氏に戦史記録を代行を依頼し、ご協力を頂いた。感謝の意を込め、ここに記載する。



・1回戦、前8試合(25→12)



Aブロック第1試合


1:なぎさたん(賢6) アニ四字 258.33 1位○


2:1374(賢5) 学問タイ 243.27 2位○


3:あかつき(賢9) 学問R1 224.64 3位


4:ガブリエル(COM) スポ並べ 157.72 4位



聖夜を前にした血みどろの戦いは、なぎさたんの速射砲・アニゲ四文字で幕を開けた。程よく1374、あかつきの両名を焦がした後は、1374の学問タイピングの難問攻勢でなぎさたんに逆襲、あかつきにも大ダメージ。後半戦、再起を図りたいあかつきであったが、困った事に肝心の学問ランダム1で出題に恵まれず。スポーツ並べ替えにおいても、この両者の進軍を止めるまでの傷を負わせることができず、なぎさたん、1374を止められなかった。



---------------



Bブロック第1試合


1:アカボシ(賢7) 芸能エフ 345.41 1位○


2:みみこ(賢2) 芸能R1 261.77 2位○


3:はっち(魔7) 雑学キュ 221.93 3位


4:サラ(COM) スポ連想 180.56 4位



比較的易問から始まったこの試合、芸能エフェクトでは大きな動きはなかったものの、前半戦を終えてみれば、はっちが微妙にリードされた形で固まりつつあった。しかし、後半戦の雑学キューブにおいて、はっちは正解率10%・20%の問題をことごとく正解、みみことの差をジワジワと詰めに掛かった。さて、この流れを維持するかと思いきや、ガブリエルがスポーツ連想で水を差し、みみこのみならずはっちの勢いも殺し、最後まで独走を貫いたアカボシと共に、みみこが次の切符を得た。



---------------



Aブロック第2試合


1:おとなしサヤ(賢6) スポR2 224.64 3位


2:がんでん(賢6) スポR4 343.01 1位○


3:もんぷティ(賢6) 学問多答 275.84 2位○


4:ウィーグル(COM) スポ多答 151.52 4位



関西では代表的なスポーツ使いが相対する形となり、前半戦はスポーツランダム2→4と、まさに赤一色の流れ…ランダム4でもんぷティを突き放したと思いきや、ここでがんでんは、おとなしサヤをも斬りつけた。しかし、学問多答が残っていたこともあり、なんとかおとなしサヤとのリードを広げたもんぷティであったが、ウィーグルの選択がスポーツ多答。これの出現に思わず頭を抱えたもんぷティだったが、一部の難問を落とす程度の被害に納め、がんでんと共に1回戦を突破。



*試合後、2番サテにおいてがんでんが、誤ってコンティニューを選択したために、店員によるリセット措置がとられました。試合内容などに影響はありません。


---------------



*エントリー時、2番サテにおいて回線混雑が原因とされるカード読み込み不良が起こり、店内対戦開始が遅れました。再エントリーが間に合ったためにリセット等の措置は取られず、無事試合が開始されました。この問題において、参加者や運営側に責はありません。



Bブロック第2試合


1:005(賢5) アニ四字 256.27 3位


2:ナルキッソス(賢6) アニ多答 257.27 2位○


3:レイジ(賢9) 雑学四字 344.76 1位○


4:イザベラ(COM) アニ○× 122.14 4位




さて、気を取り直して試合が再開された。アニゲ四文字において、005があわやタイプミスかと思いきや、画面の確認を怠らなかったのか、見事正解率8%の問題を奪取、ナルキッソスを頭ひとつ追い抜かす。ところが、アニゲ多答において思い違いも含めたミスを連発、難問攻勢に耐えかねて後退を余儀なくされた。レイジが独走態勢を整えつつある中、雑学四文字でナルキッソスを追う005だが、アニゲ○×ではナルキッソスの背を掴みきれなかった。



ところで…005自身も、地球人をナメてかかるフリーザが許せなかったのだろう。アニゲ多答1問目で「クリリンのことかー!!」と、怒りをあらわにしていたようだ。



---------------



Aブロック第3試合


1:アッシュ(賢6) 学問タイ 288.07 1位○


2:KENIX(賢1) スポR1 175.63 4位


3:つちのコ(賢6) 雑学エフ 260.70 2位○


4:マテウス(COM) アニ多答 187.82 3位



前半戦、アッシュが安定した解答を見せる中、残る1枠をKENIXと「褌主席」つちのコの両名が死力を尽くして争った。KENIXの「イマザトスジ」線防衛作戦も功を奏してか、どちらが勝ち抜けるかこの段階では全く読めない。流れに関わる動きを見せたのは雑学エフェクト。満点奪取で一気に場の流れを変えて、アッシュとKENIXをまとめて真っ二つに切り裂いた。とはいえ、やはり男勝負にチャチャを入れたがるのがマテウスの性なのだろう…アニゲ多答で場を荒らした後に立っていたのは、アッシュとつちのコだった。



とはいえ、そんなQMA界の嫌われ者であるマテウスだが、学問タイピングの6問目で「っおちゃどぞー」と休戦の申し入れをしたのは、ヤツなりのスタンドプレーなのだろう。



---------------



*Bブロック第3試合の戦史は、当方の記録ミスにより、戦歴概略の記載において大幅なブレが生じております。ダイジェスト短評において精度を落としておりますが、エントリーデータや総得点、順位のミスは今のところ確認されておりません。謹んでお詫び申し上げます。


Bブロック第3試合


1:ユーディ(賢4) スポR4 269.57 2位○


2:ノダムル(賢5) 雑学エフ 285.48 1位○


3:くしろまい(賢4) 芸能キュ 210.48 3位


4:レイア(COM) アニ四択 148.54 4位




比較的得意・不得意の分かれやすい傾向にあるスポーツランダム4だが、今回もご多分に漏れずノダムルに加え、「プロデューサー」くしろまいの両名に手傷を与えた。続く雑学エフェクト、芸能キューブでは易問続きであったものの、レイアが選択したアニゲ四択でくしろまいは手痛い妨害を受け、最後の最後で波に飲まれなかったユーディ、ノダムルが勝利。



ところで…スポーツランダム4の並べ替えにおいて、突如「ラッキーサプリャ」と健康志向に走ったのは誰だ?



---------------



Aブロック第4試合


1:パッフェル(賢5) スポR1 179.58 3位


2:エステル-F(賢3) アニタイ 261.16 2位○


3:きみたま(賢7) ノン並べ 285.64 1位○


4:ルッツ(COM) アニ多答 132.61 4位



さて、スポーツランダム1でパッフェルがエステル-Fを叩いてみれば、続くアニゲタイピングでは満点で逆襲、パッフェルはここで大きく引き離されることとなった。後半戦、ノンジャンル並べ替えは強烈な難問も多く炸裂し、徐々にパッフェルの逆転する隙が絶たれていく。さらに、無常にもルッツの選択はアニゲ多答。最近のブランクも向かい風となったパッフェルを尻目に、エステル-Fときみたまは、多少手傷を負いつつも堅実な解答を重ね、次の戦場へ赴いた。



なお、ルッツはスポーツランダム1で出題されたタイピング問題で「ツバイヤン」と抗議。まあ、言いたいことはわからんでもない。



---------------



Bブロック第4試合(記録:なぎさたん)


1:ふろーりあ(賢1) 学問エフ 360.14 1位○


2:カトレア(賢2) アニエフ 205.49 4位


3:MALT(賢2) スポR1 289.65 2位○


4:SIN(賢3) 学問並べ 220.85 3位



序盤から試合の流れが大きく動いた。学問エフェクトにおいて、いきなりカトレアとSINの両名に致命傷とも言えるレベルの手傷を負わせたふろーりあが、流れに乗ってその後も鉄壁とも言える解答を重ねていく。ここからトップに続いていきたかったカトレア、MALT,SINの3名だったが、比較的正解率が高めのアニゲエフェクト、スポーツランダム1を乗り越え、勝負は学問並べ替えへ移る。カトレアが崩れ、MALTは逃げ切ったか気になるが…結局、追撃側のSINは勝手に自爆。学問を耐え切ったふろーりあ、MALTが新天地へ。



---------------



・2回戦 全4試合(16→8)



Aブロック第1試合


1:なぎさたん(賢6) アニ四字 251.59 3位


2:がんでん(賢6) スポR4 327.27 1位○


3:1374(賢5) 芸能タイ 211.55 4位


4:もんぷティ(賢6) 学問多答 273.62 2位○



ここでまたもや剣を交えたなぎさたん、1374の両名。1回戦を想起させるが如くアニゲ四文字が飛び出したが…今回はパンドラの箱を開けたのか、1374を火だるまにすることに成功、もんぷティもとばっちりを受けた。続くスポーツランダム4では一旦静かな試合展開となったものの、芸能タイピングでそれまでの借りを返すべく、1374はなぎさたん、もんぷティに刃を向けた。さて、ここまで散々耐えてきたもんぷティだが、「いい加減にしろ!」と渾身の学問多答を解き放つ。これがダメ押しになり、もんぷティは、終始安定解答を続けたがんでんと共に準決勝へ向かう。



その後、あまりの激戦に疲れた1374はクルクルラボで脳をストレッチ、なぎさたんはプライズコーナーで賊と化したらしい。詳しくはなぎさたんのブログも見てみよう。



---------------



Bブロック第1試合


1:つちのコ(賢6) 雑学多答 342.12 1位○


2:エステル-F(賢3) アニタイ 312.51 3位


3:きみたま(賢7) ノン並べ 340.96 2位○


4:アッシュ(賢6) 学問多答 290.67 4位



今大会屈指の接戦が、この4名による死闘だ。まずは雑学多答で、つちのコが満点を奪取、これだけにとどまらずアッシュの出足も見事に釘付け、いきなり大差をつける。続くアニゲタイピング、ノンジャンル並べ替えでは難問攻勢にも関わらず、4名とも自らのポテンシャルを最大限に発揮、終盤まで一歩も引かない戦いを続けた。逆転を願うアッシュは学問多答を投下、きみたまこそ射程から外すものの、つちのコ、エステル-Fの足元を捉え、あわや逆転というところまで追い詰めたが、序盤のダメージを挽回するまでには至らず、惜しくもつちのコ、きみたまに切符を持たせたまま彼らを見送った。



---------------



*試合前、大会開催中であることを知らないプレイヤーが、4番サテにて通常プレーを行うハプニングがありましたが、店員の説明とリセット操作により、問題は解決しました。試合結果などに影響はありません。




Aブロック第2試合


1:レイジ(賢9) 雑学並べ 273.89 2位○


2:みみこ(賢2) 芸能R2 159.62 3位


3:ナルキッソス(賢6) アニ多答 157.13 4位


4:アカボシ(賢7) 芸能タイ 289.11 1位○



ここでもまた、地雷だらけの戦場で戦う事を余儀なくされたプレイヤーがいた。雑学並べ替えできれいにスタートしたと思いきや、続く芸能ランダム2で、突如みみことナルキッソスが炎上。さらに、アニゲ多答では難問攻勢となり、ナルキッソスはリカバーできたものの、かわりにアカボシが手傷を負う。息を吹き返したと見られたナルキッソスだったが、最後も結局芸能タイピング。イヤな予感がしたのだろうか、みみことナルキッソスが再度刺され、出題ジャンルにとことん泣かされた結果に終わった。



---------------



Bブロック第2試合


1:ふろーりあ(賢1) 雑学多答 283.77 2位○


2:ノダムル(賢5) 雑学エフ 286.02 1位○


3:ユーディ(賢4) スポR4 225.32 3位


4:MALT(賢2) スポR1 224.74 4位



雑学多答といえば、QMAにおける難形式のひとつであるはずだが…正解率の低さにもかかわらず、序盤の流れをここで作り出す。しかし、次の雑学エフェクトではMALTが崩れはじめ、ユーディもスポーツランダム4での四文字で「キヤリー」と誤読、ここから風向きが悪化しだした。逆転のカギはスポーツランダム1にあったのだろうが、どうもこのジャンルを得意とするプレイヤーが多かったのだろうか、逆に結果を固めるだけに終わり、ふろーりあ、ノダムルの追撃は諦めざるを得なかった。



ひとつ付け加えておくと、この回ふろーりあは台反応の不調により、3問の解答で多大な影響が出た。それにも関わらずこの成績を収めたは、やはり底力の強さなのだろう。



---------------



・準決勝 全2試合(8→4)



*準決勝開始前、SINの目視を根拠に1番台の不調を確認、記録中であった事を理由に、くしろまい経由にて店員へキャリブレーションとパネル清掃を依頼しました。また、着順に関しては通過可否を優先して考慮したため、その点の進言は行なっておりません。スコア、順位共に成績発表の通りです。



Aブロック準決勝


1:がんでん(賢6) スポR4 345.70 2位○


2:もんぷティ(賢6) 学問多答 341.81 3位


3:つちのコ(賢6) 雑学エフ 259.40 4位


4:きみたま(賢7) ノン並べ 371.34 1位○



やたら堅さの目だったこのメンツ。前半戦において、つちのコが多少崩れが見られ、がんでん、もんぷティ、きみたまの三つ巴が展開された。とはいえ、もちろんつちのコが黙ってみていられるはずもなく、切り札の雑学エフェクトで満点で反撃…と思いきや、なんともんぷティ、きみたまも満点で対抗!これに戦意をそがれたか、ノンジャンル並べ替えではさらに削られた。ボーダーライン上に位置していたもんぷティは、がんでんに僅差で敗退。今回もまた、目をそらせない試合展開だった。



さて、雑学エフェクトの正解率なのだが…実は93→97→97→97→90→98。つちのコが「最後ひどいわー!」と言いたくなるのも、決してわからなくはない。



---------------



Bブロック準決勝


1:レイジ(賢9) アニキュ 346.67 2位○


2:アカボシ(賢7) 芸能エフ 355.28 1位○


3:ノダムル(賢5) 雑学エフ 272.45 4位


4:ふろーりあ(賢1) スポR1 293.15 3位




ここでついにレイジがアニゲキューブを解放し、ノダムルとふろーりあに手傷を負わせる。続く芸能エフェクトでは、不運にもノダムルは「えびはらえり」と誤認、レイジとアカボシの驀進を許すこととなった。後半戦、雑学エフェクトで、またもやレイジ、アカボシ、ノダムルがトリオで満点をゲット、さらに勢いを増していった。終盤戦、スポーツランダム1だが…5問目の四文字で「磯辺公一」をベンチから呼び出そうとするものの、そんな選手は楽天にはいるはずもなく、選手不足が祟ったノダムル、ふろーりあが敗退。



そうそう…彼らとBBHで戦う時は、4番にイソベ君を座らせることにしよう。あなた方に言いたい事があるそうだから。



---------------



・決勝戦(4)



1:がんでん(賢6) スポR4 324.80 3位


2:アカボシ(賢7) 芸能タイ 291.81 4位


3:きみたま(賢7) ノン並べ 329.87 2位


4:レイジ(賢9) アニキュ 343.07 1位○



トラブルやら満点やらに見舞われつつも、決勝戦は厳かに行われた。まずはがんでんが古くからの友・スポーツランダム4で、アカボシの勢いをそぎ、一歩リードを奪う。しかし、芸能タイピングで手痛い反撃を受け、がんでんは思わず「グオゴゴゴ」ボンバーズを呼び出そうと企んだ。後半戦、正解率が極端に低いノンジャンルタイピングをきみたまは全問正解、がんでん、アカボシ、レイジの3名もそれに続いた。ラストはアニゲキューブだったが…勢いを終始保ち続けた奈良よりの刺客・レイジが、並み居る大阪勢に風穴を開け、河内永和の天下を奪取した。




それでは、悪の宣伝部長を筆頭に、みんなで唱和しませう。「店名を決めるまでがエンパラ大会なのです!」と。



--ENPARA PRESENTS--



・場外乱闘(X)



1:レイジ 大砲狙撃 萌.総本山 熟考


2:運営側店員 封印解除 河内.永和 注視


3:ギャラリー多数 一同爆笑 期待


4:悪の宣伝屋 手板待機 詳細.筆記 予想



さて、筺体設定を変更している間、レイジは息子と共に新たなる息吹を迎えるべく、命名の知恵を絞り込んでいた。栄光の1番台に腰を下ろし、さてこれでいこうとアウトプットしたのだが…困った事に字数制限に引っかかってしまう。ここでまた思索を巡らすレイジはさすが全ての父と称されるだけあって、「河内永和軍曹萌総本山円原(かわちえいわぐんそうもえそうほんざんえんぱら)」と、なんと、我らがテーマ・エンパラをたった2文字で表す偉業をも成し遂げたアッー!!「うけソニーさんが来たらどうするんですかw」と責める(?)声も挙がったようだが、それは彼が人一倍故郷のキャノンを想っての事。まったくもって一途な漢である。



なお、この店名の正解率は1%らしい。



ところで…次のエンパラ大会だが、QMA4入荷との兼ね合いもあり、現時点では未定とのこと。また、今回誰もフンドシを着用しなかった事に、店員が憤慨していたからだという情報があるのだが、その真偽は定かではない。熱き魂を持つ賢士達よ、笑いの殿堂(?)が一時封印される事は、私も残念でならない。しかし、新年と共に、充実した気持ちで笑う快楽を迎えようではないか



---------------



エンパラ大会の戦史は以上です。最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。なお、この件に関して番外編がございますが…長くなりましたので、続きはまた今度。

posted by 紫苑兼光 at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | ダイジェスト(QMA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■お疲れ様でした
 デジャブ戦史からこのブログには注目しておりました。こちらでは初めまして。<br /><br /> あとよりによってエンパラダイジェストでこのご挨拶は空気嫁という感じではありますが賢聖杯お手合わせありがとうございました。学並べ替えの脅威を思い知らされました。<br /><br /> また後日あるものを携えてご挨拶に伺うかと存じますがSINさんのダイジェストはこれからも楽しみに拝見しますゆえ今後ともよろしくお願い申し上げます。</p>
Posted by PK@たぶちいわお at 2006年12月25日 08:51
■ダイジェストお疲れ様でした
どうもです〜<br />QMA3では最後のエンパラ大会ダイジェストお疲れ様でごさいましたm(__)m<br /><br />「イマザトスジ」と打ちましたケニックです(ぉ<br /><br />やはり当たったお二方は強敵でございました…完敗でございますw<br />次回の4大会は未定ですが、あればまた参加したいと思ってます<br /><br />では、ちとはやいですがよいおとしを〜</p>
Posted by ケニック at 2006年12月26日 07:55
■ありゃまこりゃま
>たぶちいわおさん<br />こちらこそ、先日の賢聖杯ではお世話になりました。紫苑 兼光こと、SINと申します。アレは破壊力は結構あるんですが、最近のブランクのお陰か、随分と自爆率が高くなってしまいましたorz<br /><br />さて…「あるもの」がミョーに気になるところではございますが、またどこかでお会いできるかも知れません。その時まで楽しみにさせていただきます。<br /><br />こちらこそ、さらにいい戦史が書けるように切磋琢磨いたしますので、今後ともごひいきに。<br /><br />>ケニックさん<br />記録をつけていてひしひしと感じましたが、かなりいい勝負だったと思いますよ。やはりあの時COMは「やっぱコイツ空気読まんな〜」とは思いましたなぁ…。<br /><br />イマザトスジ線はGJでしたよw</p>
http://ameblo.jp/starlight-sin
Posted by 紫苑 兼光 at 2006年12月26日 16:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35416595
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。