2006年12月25日

(Sidestory of "ENPARA")

半日ほどお待たせしました。紫苑 兼光でございます。




それでは、次回大会の予告をお伝えできないかわりに、エンパラ大会の戦史・オマケ編と称して、様々な番外編…ショートストーリーをお届けいたします。



それでは、ひとつニヤニヤとお楽しみくださいませ。



(注:根本的な意味においてノンフィクションです)




---------------



Story 1


名にし負ふ



エンパラ大会がここまでのごハッテンを遂げたのは、やはり主催「X」を挙げずにはいられない。とはいえ、参加者側の功を称えるという意味を含んでいるのか、先日の大会では、一部のプレイヤーに「称号」が付与された。聞いた順に、そして知る限りここで紹介しよう。



SIN…「悪の宣伝部長」


大会に関わったのは、ヤツがダイジェストとかいうものを書きに行ったのが始まり。今では余計な宣伝活動かますわ、数々のスキャンダルを明るみにするわで恐れられる、新進気鋭の宿敵。しかし、称号をつけた主催「X」が言うには、「悪とはステイタス」であるらしい。時折毒を吐きあう風景も見られるが、実際の関係は敵か味方か、よくわからない。



つちのコ…「褌主席」


プレイヤーとしては雑学の鬼。大会の履歴を参照しても、己の放つ武器で奪取する満点は一問多答のみならず、エフェクトでも遜色ないという神速の賢士。ところで、大会開始前の店名に「褌祭」という記載があったのだが、当日彼が自慢の一張羅を見せびらかさなかったのは、彼なりのプライドだったのだろうか。



くしろまい…「プロデューサー」


エンパラ大会創世紀から君臨し、今でもなおその敏腕を遺憾なく発揮する事を欠かさない。また、彼自身も選手として出場し、並べ替えで相手を焼いた数も、両の指では足りない。事前交渉などを進め、当日スムーズに動けるよう戦うという意味では、実戦闘時間は非常に長い。主催「X」も「どんどんやってくれたまえ!」と、全幅の信頼を寄せる。



ところで、主催「X」をどう呼ぼう?高木社長とかはありきたりだが。



---------------



Story 2


山賊襲来



死闘を終えたなぎさたん。どうも強烈なストレスに晒されすぎた反動なのか、物欲を満たすべくプライズコーナーへ駆け込んだらしい。



大会後の食事会で遅れてやってきたときも、彼本人よりは手元にぶらさがっていたナニに対して注がれた視線の方が強い気がしたのだが…気のせいだろうか?まあ、「俺はサンタクロゥスだ!何か文句あっか?」といわれれば、誰も何も言わない。



モノの詳細は、なぎさたんのブログ「なぎさたんの○○ Powered By さたん
」を参照してほしい。しかも、投資額の回収率はかなりのものらしい。



---------------



Story 3


タオル杯



大会後は、某所のなか卯にて食事会。後発部隊の到着が多少遅れたこともあり、当初はそれほどの人数ではなかったものの、後から後から続々と集結し、最終的には14名にまで達した。



これじゃ俺たちは、まるで食堂ギャングじゃないか。





食事後、ノンビリしていたら、店員さんからある紙がくばられた。なんと、大感謝祭と称してのスピードクジだ。1等は小うどんはいから、2等はこだわり温たま、そしてハズレが大量イン。ただし、ハズレ券にはポイントがついており、3点集めればタオルが、6点集めればバスタオルがもらえるそうだ。



食後、ひとまず全員がクジを削る。必死に削る。



そして、各地で報告される「1点」の山…誰かひとりくらい当たってもよさそうだが、結局誰も当たらなかった。14点分をSINが回収し、「欲しい方にタオルを分配する」と、満場一致で決まったはいいが、ここでひとつ気がついた。



タオル5枚が欲しくても「1点足りない」のだ。



ヤバい。



それに気づいた直後、レイジは「誰かがもっかい500円分の食事をすればいいんですよ」と言った。屈託のない、敵意のカケラもない表情で。そうかとばかりに自販機へ向かうSIN…しかし、なか卯で500円分ともなれば、かなり重い。第一、SINも牛丼大盛りを食べた後。とはいえ、あと1杯でタオルがもう1枚なんだ。もしかすると、バスタオルが2枚になるかもしれないんだ。



結局、焦るレイジにドクターストップを掛けられたこともあり、SINは諦めた。まったく、ここで踏み込まず、ピン芸人になれるとでも奴は思っているのか。まったく、若いな。



というわけで、さっさと引き換えて店内を出ようとしたが…なんと、ここで救世主が現れた。向かいのカウンターに座っていらっしゃる老夫婦さんが、なんとこちらへクジを、2枚渡そうとしているではないか!意外な展開に慌てたSINだが、ありがたく頂くこととして、タオル3枚、バスタオル1枚を手に店を出た。もちろん、出る時にもう一度お礼を忘れずに。




さて、店外にて戦場を移し、タオル争奪戦が始まった。まずは、日常生活においてよく使われるであろうバスタオル。普通のタオルなら粗品として有名だが、バスタオルとなればそうはいかん。これに目をつけたのは、ユーディ、レイジ、もんぷティの3名。早速、仁義無きじゃんけんが始まった。



最初は…



( ゚Д゚)<グー!


( ゚Д゚)<グー!


( ゚∀゚)<パー!



待て。おちゃめが過ぎるぞレイジ。ユーディ、もんぷティのみならず、ギャラリー一同大爆笑じゃないか。



気を取り直してもう一回。今度はちゃんと「最初はgoo」で始まった。しかし…



aiko×5。



しかも見てしまった。最初の3回、全員、次に出す手を「左隣の人が出していた手」にして、あとの2回はグー→パーだったのだ。なんだこの試合は。



結局、6回目にユーディがひとり勝ちし、見事、ひとり暮らしの生活必需品を手に入れた。



そして、残りのタオル3枚は、レイジ、もんぷティ、きみたまがゲット。こちらは円満に決まった。そりゃあ、粗品で出てくる品物トップテン入りしてもおかしくないシロモノ。しかし、結構レア率は低いというものの、なんとかクジをムダにせずに済んだ。



ありがとう、年の功。



ありがとう、バスタオル。



---------------



サイドストーリーは以上です。スペースの都合上、ちょっとはしょってる箇所が多く見られますが、年末の必死振りを垣間見ること程度はできるかと思われます。いやはや、年忘れ企画というものはいいものです。



本日の執筆は以上。お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 16:28| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■どうもどうも
 ご丁寧な挨拶痛み入ります。<br /> またこの記事にコメントして良いものか悩みましたが(内容は適切か否かという点)、先日言ってたあるものの正体とは、私が本日開設したブログを内容をご一読の上、相互リンクしていただきたいということなのです。<br /><br /> SINさんのゆるぎなき審美眼でぜひ当方の内容を見ていただきたく存じます。まずは用件まで。</p>
http://blog.goo.ne.jp/pk_tabuchiiwao
Posted by PK@たぶちいわお at 2006年12月27日 09:10
■1UPの裏技知りませんか
>たぶちいわおさん<br />私事により遅くなりました。申し訳ありません。<br /><br />コメントの件はお気になさらず。別個掲示板でも置いていれば別でしょうが、他に書ける所もありませんからご遠慮なく。<br /><br />さて、先日夜勤の休憩中にブログを拝見させていただきました。相互リンクの件は、喜んでお受け致します。<br /><br />コメント後、リンク作業に取り掛かりますので、恐れ入りますがPCよりご確認を宜しくお願い致します。</p>
http://ameblo.jp/starlight-sin
Posted by 紫苑 兼光 at 2006年12月28日 15:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。