2007年01月13日

せめて現金書留使えよ

またまた寒いったらありゃしない日々が続きそうなのでしょうか。こんにちは、紫苑 兼光でございます。いやはや、昨日は外でビール3杯、さらに家へ帰ってから発泡酒2本と、酒乱真っ盛りでした。



とはいえ…合計5杯で完全ダウンと、弱体化がどっしどっし進んでおります。困ったもんだコリャ。




さて、今日は我が携帯電話に届いたアホメールのおはなし。まずは、こちらのURLより、とある懸賞モノ(?)のサイトをご覧ください。くれぐれも、手続きとかの画面には進まないように!



http://i-official.com/h-1/



ちなみに、多少間隔をあけながら定期的に配信されているこのメールの発信元は「懸賞ネットJAPAN」というところからだそうで。なにやら100万円の当選権利が当たっただの何だのとか。一見、浮かれ話のようですが、ちょっと見ればツッコミ所満載でありますよ。



まあ、こんな簡単なトラップを、したり顔でツッコむ事もないんでしょうが…最近は出すネタに困ったので、こーいうのでつないでおこうかと。それでは、サイトの内容を見た事を前提に、話をすすめていきましょう。




1.ご希望の商品の獲得権利が当選いたしました


私自身、懸賞系のサイトには何件か応募したことはありますが、ここに応募メールを送った記憶などナッシング。しかも、懸賞系のサイトにメールを出した場合は、別紙にて「サイト名」「登録名」などをすべて控えているので、ダイレクトメールはすぐに判別可能。つーわけで、こいつらは大ウソツキもいいとこ。



第一、「獲得権利」が当たっただけかよ。なぜストレートに「商品が当選いたしました」とかけないのか?ちょっとつっこんで考えれば、詐欺罪避けを意図した文章であることは明白。




2.当選パスって何さ?


まあ、本人認証とかいう目的ならまだわかる。しかし、この手順はあからさまにあやしい。



「完全無料サイトへ登録」→「確認メール到着後、プロフィールを登録」→「トップページで書かれている『●●宣言』という言葉を入力」



同じハメるならもう少しヒネってくれよ。わかりやすすぎて何も言えんではないか。




3.現金って宅急便で送れるの?


一番面白かったのはコレ。



トップページに札束の画像があったり、「100万円の当選権利」が当たったと書いてあることから、もしかすると「おぉ!100万円が当たったのか!」なんて考える方もいる…かもしれない。



そこまで読んだだけなら、もしかすると引っかかってくれる方もいるのかなぁ…と思うが、パス入力画面をさらに下って読んでいけば、その幻想を一気に冷ましかねない説明を発見。



発送に関しては、当社指定の宅急便によりお届けいたします



まあ、「100万円の当選権利」を送るだけだから、宅急便でもいいんだろうなぁ…現金仕込むわけじゃないし。




以上、最近よく届く、アホ業者からのダイレクトメールでした。この手のメールはもうひとつあるのですが、今は手元にありません。もしまた届くようでしたら、もしかすると第2弾をやらかすかも知れません。




本日の執筆は以上。お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。