2007年11月19日

嘲笑えpersonaの陰で

先手を取るのが面倒だからって、毎度毎度牽制球でお茶を濁して、相手のボロが出たところを徹底的に突く。

そりゃ効率はいいだろうが、俺にはそんなやり口は性に合わんし、何よりその意図が見え隠れすると非常に気分が悪い。そもそも、策略だの何だのっていうのが、実は大の苦手でねぇ。

阪神の藤川投手…確か、あの人のストレートも、コメンテーターだか評論家だかに、こんな喩えられ方をされた事があった気がする。

「そこに攻撃が来ると予告されながらも、防御不可避の必殺の一撃」

俺もこんなスタイルで勝負できるようになりたい。使いこなしたい。自分にも他人にも、単純かつゴマカシがきかないから。

さらに、裏側でコソコソやってる連中を引きずりだせるくらいになればしめたものだが、残念ながらまだそうもいかないらしい。




・復帰後第2回の執筆です。こんにちは、紫苑兼光です。日の入りが目に見えて早くなったのに加え、朝の寒さが身にしみます。


・ちょうど、今働いている店が改装中ということで、結構時間が取れる機会が増えています…もちろん、改装後に休みがまるでない!ってのを覚悟せねばならぬという裏返しでもあるのですが。

今は、執筆ついでにCDの録音に励んでいます。いやあ、音質向上目的にドライブの中身を全部消して再びディスクを借りて録音、ということで10品くらいドカッと借りたら、そりゃ1、2時間じゃ済まんわね。Eドライブの騒音もすごいもんです。

ちなみに今日借り直したCDは…「THE BACK HORN」「音速ライン」「STRAYGHTENER」「Image」、あと、クラシックのオムニバス盤。そして、新たにジャケット買いしてみたのが、「陰陽座」というグループのCD。ジャンルでいうところではヘビーメタルらしいです。

本ならともかく、CDを試聴すらせずにジャケの印象で借りてみるのはなかなかリスキーですが、当たった時はいつもと違う嬉しさがあります。

ちなみに、俺はバックホーンもこの手で引き当ました。己の感性を試してみたいそこのアナタ。こんな遊び方もどうよ?


・最近は、QMAそっちのけで、AnAnに首ったけです。最も、これにはちょっとした理由があります。

転勤前とは打って変わって、通勤途中に1件、職場との直線距離5m以内にゲーセンがあるという環境ですが、できるゲーム自体に結構制限がありまして。

その内訳がこんなもんです。

まずは通勤経路にあるゲーセン、しかも寮からチャリで3分のとこ。12時出勤なので、早起きさえすれば、頭の体操代わりにAnAnを数クレプレーしてから出勤、という手も大アリ。三国志対戦も置いているので、3になったらまた復活、という可能性も充分…かも。

そんなこんなで現在はアンサー二段。「どうしても落とせない」試合以外はすべて、相手の得意分野か、自分の苦手分野を投げています。QMAとはまるっきり逆の楽しみ方です。

続いては、職場から直線距離(←何気にココ重要)5mのゲーセン。ここではドラムマニア、もしくは戦場の絆をプレーしています。

戦場の絆はプレー料金の高さゆえ、一時は断念したのですが…こっちで絆やってる人がえらく多いんですよ。店長が大尉、1コ上の先輩社員が軍曹、さらに、店長の知り合いで絆やってる人がゾロゾロいて、閉店後にどこぞのラウンドワンで8人マッチ…ってのもあるとかないとか。

お陰で今はジオンの一等兵。ガトー少佐にもっさり怒られる日々が続いとります。

あと、地元のゲーセンに置いてあったのがきっかけで、最近オトメディウス始めてみました。シューティング系統のゲームを大してやってないのと、「たまには趣向を変えてみようぜ」っていう気分になりまして、ね。


・余談ですが、ちょっと切実な問題…かも。

枚方市内でいい整骨院を知っている、という方がもしもおられましたら、情報提供よろしくお願いします。地元に帰った時、カイロプラクティックの治療を受けてみたのですが、どうも骨はガタガタにゆがみ、筋肉の疲労も相当なものに達している…らしいのです。

通勤経路上に整骨院を見つけられなかったので、もしご存じであれば紹介していただけると助かります。


では、今日はこのへんで。
posted by 紫苑兼光 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67598697
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。