2006年09月29日

笑顔が見たくて傍らへ

私と父だけ蕎麦アレルギーがないんですよ。夜分恐れ入ります、紫苑 兼光でございます。外食って、結構肉が出てくる割合が多いもんですから、たまに店を選ばないとトンデモナイ事になるんですよねぇ。



肉っ気、ホント多いですよ。




さて、現在ヨッパライダーと化しておりますが、ブログはキッチリ書かせていただきます。コンタクトからメガネに着替え、今日のお話は、昼飯に食べた蕎麦でございます。



遅まきながら、日本橋のガシャポンで「QMAキャラのフィギュアでも取りにいくかぁ」とか思いまして、地下鉄難波駅からなんばウォークを日本橋駅側へ歩いておりました。すると、日本橋駅の近くで、珍しい蕎麦屋を見つけました。



蕎麦


ご覧になった事があるでしょうか?ここは「そば名人 利休亭」という店でございます。メニューとしては、ごくごく普通の蕎麦屋さんなのですが…PCからご覧の方は、写真右上をちょいと拝見願います。なんと…、



「そば食べ放題」



蕎麦が食べ放題…一体どういう事かと申しますと、冷たい蕎麦を注文した場合(例:ざるそば)に限り、そばのおかわりを申し出る事ができる、ということでございます。しかも、あらかじめ大盛りで注文することもできます。ただし、私は大盛りではなくおかわりで注文される事をオススメします。麺のコシがすぐに抜けていきますので。



さぁ、こんな店見たことないぞとばかりに、入店決定。もちろん私は、ざるそば(普通盛)を注文しました。いやだって、腹の膨れ具合によっては、おかわりしたいですから(笑)



待つこと2分。随分早く出てきましたよ、私のざるそば。わさび、ネギの量も充分です。写真を撮ってもよかったのですが…店内は結構静かだったので、遠慮しときました。よって、省略。



いざ薬味を準備し、きざみ海苔を満遍なくバラして、蕎麦つゆにひたし、すすってみました。なかなか麺のコシが強く、歯ごたえがありましたねぇ。大抵の場合、私はコンビニのざるそばをよく食べていたのですが…やはりあれとは比較になりません。茹でたての麺は、めちゃくちゃおいしかったです。



ただし、時間が経てば経つほど麺のコシは失われていきました。半分ぐらい食べると、かなりやわらかい食感になっていましたね。食べる場合は、スピードが重要です。トロトロ食べることは、それだけで蕎麦屋さんに対して罪ですから要注意!



最後に、肝心のお値段ですが…食べ放題になるからといって、値段がアホみたいにハネ上がる、という事はございません。どのメニューも(お酒除く)1,000円以内で食べる事ができますので、フトコロにも安心です。ファーストフード並(ヘタすりゃそれ以上)のスピードで出来立ての食事が出てくるので、時間を気にする方にも優しい店だと思います。




落ち着いた空間で、和の心もあわせて味わいたい…そうお考えの方にはピッタリの店ではないでしょうか。



BGMはジャズだったのが、ちと残念ではありますが。




本日の執筆は以上。お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 22:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

グラスハートに捧げよ

パソコンを使っていると、時々ACアダプタをコンセントに挿し忘れます。こんばんは、紫苑 兼光でございます。私のはノートパソコンですから、こういう場合はバッテリが切れそうになってようやく気づくんですよ。



ちょーど画面右下で「バッテリ残量低下」って警告文を見て、



「おいこらコンセント!!」



学習能力ありませんね、ゴメンナサイ。一体何年コイツを相棒にしてきたんでしょうか。




さて、ドジバカ晒しをやりすぎると気分が滅入ってしまいます故、ここらで起死回生の話題を投入しましょう。今日はパワーストーンに関わるおはなし。



過去の記事やリアルでお会いしてご存知になった方もいらっしゃるでしょう。最近、私は数珠ブレスだけに飽き足らず、アクセのラインナップにネックレスを加えました。しかし、ペンダントトップが六角柱クリスタルだけと、ちょっと寂しく思いまして。そこで、ペンダントトップを補充しに、第1ビル地下2階にある店へ、再突入しました(店の名前を忘れてしまいました、失敬)。



結果、手持ちのアクセがこんな事になっちゃいました。



石だらけ



人間のやる気ってすごいですねぇ。今の今まで興味のなかった分野が、短期間でこんな事にもなるのですから。



最も、「似たようなモンばっか並べてる辺り甘いなw」とか言われそうですが、そこはゴカンベンの程を。




今日買った品物は、ヘマタイトのペンダントトップ(真ん中の黒いやつ、500円)、水晶のブレス(1,800円)です。あと、これに加えて今日つけていたトルマリンブレスの紐を変えてもらいました(315円)。いやー、今日は本当にいい買い物をしました。



紐まで変えてもらう予定はなかったんですが、そこの店員さんと水晶ブレスに関する話になりましてね。私がつけていたブレスは紐がよく伸びたんですが、売り物の方はやけに紐が硬かったんです。試しにブレス同士重ね合わせてみても、直径や珠の数はほぼ同じ。はてさて、これはどういうことか。



試着でブッ壊したなんてシャレになりませんから、店員さんに試着許可がてら聞いて見ると、ここで使われてる紐は1ミリ径のシリコンだそうです。珠に開けられた穴が小さいもののリメイク等には0.7ミリ径を使うらしいですが、通常は前者を用いて、強度に不安がないように作られているとか。だから、腕につける時も硬かったんですねぇ。



ちなみに、私がつけていたブレスの紐は0.7ミリ径のシリコンでしたが、使用年数(約1年半)からしてそろそろ紐の交換時だったそうです。たまにナイロン紐を使っているブレスもあるようですが、あれは切れやすいとの事で。気になったら、紐が切れてパニックになる前に専門店へ駆け込んでみましょう。



ミサンガみたく、自然に切れて気分のいいものじゃありませんからね。



ああそうそう…ここには何度か足を運んでいたのですが、大抵のお客さんは女性でしたから、どうやら私は顔を覚えられていたようです。まあ、確かに女性客はよくいましたから、ちぃーと場違いかなぁ…なんて考えたりもしたりしなかったり。



それでも気に留めず「オメアテノモノ」を買っていく辺りが紫苑クオリティなんでしょうけど!!



水晶のブレスはあんまり目立たないため、ネックレスとのダブル起用でも五月蝿くならずに済みそうです。腕時計もありますし、選択肢がかなりいい具合に広がりました。




本日の執筆は以上。お粗末さまでした。




余談


お得意様認定されちゃったのか、パワーストーンのおしながきも頂いちゃいました。調べてみるとこんな感じ。





水晶…非常に強く清らかな力を持つ全能の石。強い心を養い、より高貴なステージへ導く。





ブラックトルマリン…強い浄化の力で負のエネルギーを遮断する。内的リズムを整え、疲労感、焦燥感を消し去る。





アメシスト…強い浄化作用を持つ。直観力、記憶力を高める。体内リズムを整え、二日酔い、不眠症の薬に





ヘマタイト…血流を整え魂を鎮め、内なる声を聞く力を養う。過去の記憶を呼び戻し、独創的なアイデアを与える。





説明を読んでみると、ムーンストーン(自己否定する心を消す)、メテオライト(負の記憶からの再生を促し、存在意義を気づかせる)も欲しくなっちゃいました。





余談2


実はネックレスとペンダントの違いがわからん(笑)




お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

白クララはじめました

バロック音楽を聴きながらブログを更新するのって、とってもエレガントな気持ちになれますね。こんばんは、紫苑 兼光でございます。最も、BACK HORNの方が聴き応えはあるのですが、ブログを書く時は文章を考える必要があります。こういう時は、歌詞がない方が思考が妨げられずに済みます。



お気に召しましたら、ぜひお試しあれ。




さて、今月末はモノの出入りがとにかく激しい時期。ケータイのバッテリー、新しいイヤホン、教科書、ペンダントトップ…ここぞとばかりに色々買いこんでおきました。だって、夏休みの労働月間が給料に関わる最後の月。来月以降は、またも収入がドカンと減ります。



買えるものなら、今のうち。



そういうことで…忘れないうちにこんなのも用意しておく事にしました。これは「買い換えよう」と考えていても、毎度毎度後回しになっちゃうんですよ。



メガネメガネ


ご覧のとおり、メガネでございます。お値段は非球面レンズ込みで8,400円ポッキリ。小学生の頃(約10年前)なんか3万円以上かかったメガネ…あの時代にこんなメガネ屋があれば、浮いたお金で焼肉へ行こう!なんてのもアリなんですがねぇ。



まあ、そうもいかんわな。



話を戻しますが、メガネは室内用には1つ持っているのですが…あくまでも室内用。アレで車なんぞ運転すれば、5秒で朝日奈さん家の正面にある電柱へダイブする自信があります。特に、最近はコンタクトをつけた時の目の調子がさほどよくないので、思い切って「外に出られるメガネ」を買う事に決めました。



さらに申せば、作業などには便利な「レンズの大きなメガネ」でもまあ、やっぱり…、



ダサいのよ。



というわけで、事前に見繕っておいた激安メガネ店2箇所へ、講義までの空き時間を利用して行って参りました。



まずは、Whityうめだの一角に位置する「Hatch」へ。メガネ一式の値段は3段階に分かれている…というデータは頭に入っていたのですが、ここは正直なところ「期待はずれ」でした。というのも、メガネの値段はフレームによって区別されており、すべて球面レンズの仕様だったのです。非球面仕様にするならば、最低でもさらに3,150円を追加する必要があり、他にも様々なオプションでゲシゲシ課金されていく仕組みになっていました。



こんにゃろぅ、事前調査じゃわからなかったぞ。AVならモザイクかけないと売れないだろうが、そーゆー商売の手法なら大事なとこほど除去しとけっての。



ゲンナリしたので、今度は駅前3ビルの「レンズダイレクト」へ。ここはコンタクトレンズの安売りも取り扱う店です。さて、ここも値段は3段階システムを採用していましたが…なんとここは、2段階以降のレンズはすべて非球面。さらに、3段階システム対象のフレームであれば、セルフレームでもメタルフレームでも、値段は同じ。あくまで、レンズを基準とした価格設定だったのです。



フレームの多さも、値段設定もフトコロに優しい…ということで、問答無用でここで買ってみました。




しかし、レンズの大きさが以前までに比べて相当小さくなっているので、慣れるまでが大変かもしれません。ポップンが打ちづらい程度ならともかく、帰宅までに下り階段で数回コケそうになったのは寿命が縮みました。



遠くを見る分にはコンタクトと何の遜色もありませんが、近くを見る場合は普段以上の注意が必要なようです。



あ、そーいやメガネは「黒」だったね(For QMAer)。




本日の執筆は以上。お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 20:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

この境界線を越えるな

今日の日記は日付が変わらないうちに始末しちゃいましょう。夜分恐れ入ります、紫苑 兼光でございます。本日は雇われにとっては嬉しくもあり、哀しくもある給料日です。支出明細を計算した後で、とりあえず第一波をハデにバラ撒いてきました。



梅田で。



地方税が兵庫県に落ちないじゃないか!」とか怒られそうです。ごめんね、消費者の立場としては、どうせならいいところでいいものを買いたいじゃーん…。




さて、今日は久々に外で飲みつつメシを食ったわけですが、それにまつわる話をしようと思います。



シケた話になるかもしれんけど、ごめんな。




ひとりなのか、複数なのかの違いは別として…大学生活を始めて以来、外食の機会が圧倒的に多くなりました。



中でも多いのは、QMAの後でQMA友と一緒に食事に行く、というパターンです。安い所から多少値の張るところまで、イロイロな店で、イロイロな物を食べました。



大抵の場合はワリカンですが…稀に奢る事もありました。奢られる事も結構ありました。



すごい時なんか、事情により終電がなくなった時が2、3回ほどあったのですが…「帰る方向が同じだし、遠慮すんな」とか「ちゃんと家に帰って寝ろ」とかいう理由で、タクシーに相席させていただいたことですね。特に、このケースでは翌日に授業もある日があったのですが…「ネカフェに泊まって朝帰りして、すぐに大学へ行く」と言ったのですが、あっさり却下されてしまったのもよく覚えています。



まあ、翌日辺りでは、負い目を感じつつもお言葉に甘えといてよかったなぁ、と思いましたね。まだビールが飲めなかった時期でしたから…起きた時の疲労感といえばなんとやら。



実は帰ってから全部吐いてましたからねぇ、嗚呼不義理哉。




最近では、誰かと一緒に食事に行く事は少なくなりました。しかも、ひとりで酒を飲みに行くこともあるほどです。これに関しては色々と思うところはありますが、ひとり飲みの方が性に合ってるんかなぁ、とも思うようになっています。



飲酒が絡んだ後で私とカラオケに行かれた方はご存知かと思われますが…最近の私は、寝上戸の性質に加えて、たらふく溜め込んだ怒りを爆発させたがる傾向にあります。私はそれなりにスッキリするのですが、同席している方の事を考えると、最近は外で酒を飲む量を落としてしまいます。



それが、たとえワリカンの席であってもです。



一番飲んだのは賢聖杯での打ち上げ(関西スレでポチっと話が出たときの大会です)。それ以来、外での飲酒量は徐々に落ち、最近では生中1杯でストップさせるほどです。正直、飲みたいのはヤマヤマなんですが…帰れなくなってもイヤですしね。誰かに引きずられながら帰る自分の姿なんて、晒したくありません。吐こうがわめこうが、とにかく最低限の意識だけは残さねば



グチを言う奴は自分。グチをぶつける相手も自分。多少発散効果は減りますが、これが一番気が楽に思えます。いらん感情を外に持ってく必要がありませんし、友人にいらぬ心配もかけなくて済みますから。




それから、最後に「奢る側」と「奢られる側」に関して学んだ事、教わった事をメモしておきます。ごっちゃんこに書くからね。



まずは「奢られる側」について。



ひとつ。自分が奢られた場合は奢ってもらった相手に返すのではなく、それを自分の後輩へ伝えていく事。そうする事で、日本の経済も回っていくし、人間関係を学ぶ事にもなるから。



ふたつ。たとえ奢られる可能性があると読んでいても、それを表に出してはいけない。



みっつ。目上の人と一緒に食事をする場合であっても、少なくとも自分が食べる分の現金はサイフに用意すること。



「奢る側」について。



ひとつ。奢る事はあくまでも好意の一つ。露骨に上下関係を引き合いに出して恩着せがましくするようでは、奢られる側の心境はたまったものではない。



ふたつ。現金の準備は周到に。勘定時になって「足りない」なんてのはカッコ悪すぎる。店員への態度も、カッコ良く、スマートでありたい。




集団でいる時も、孤独を忘れては理性の終わりだと考えます。「赤信号 みんなで渡れば 恐くない」って、おなじみの川柳もありますからねぇ。



たとえ私から人がどんどん去っていくことになったとしても…私は問い続ける事をやめちゃいけないのかも知れません。そうすることで、自分を保ち続けてきたのですから。




本日の執筆は以上。お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

少し現実に帰らないか

そろそろ羽毛布団が恋しくなりました。おはようございます、紫苑兼光でございます。だんだんと気温が低くなっていくこの季節。あと2ヶ月もすれば、コタツムリも長きに渡るヒッキー生活を終えて、現世に舞い戻って来るんでしょうねぇ。



どのみちNHKにゃ変わりないですが。




さて、今日はちょっとだけオシャレな話。珍しいですよ、このblogから緑色のおはなしが出てくるんですから。今日来られたそこのアナタ、ちょっとイイコトあるかも知れません。



見た目だけでも脱オタしてみよう。




冬場も目の前に迫ってきたということで「凍死したくないついでに、ちょっとオシャレになってみよう」ということで、先月からファッション雑誌を買い始めました。特に、夏場とかはTシャツの上に半そでシャツを羽織るスタイルがほっとんど。夏場の約10年、ワンパターンにも程があるってもんよ(笑)



そんな自分に飽き飽きしたため、秋冬ファッションはもうちょいガンバレよ、という自戒を込め、もう一度ファッション誌のお世話になるに至りました。今回は、ちょっと力が抜けつつあるのか、SMARTを選択。今月で2ヶ月目です。



ちなみにひとつ前はメンズクラブという、どちらかというとフォーマル寄りの面が強い雑誌を定期購読してました。まあ、弟(注:社会人)からも「スーツが私服です!」とおちょくられるくらいでしたから、とことん堅実にやったれ、とコレを買ったのですが…、



いかんせん、ここまでキマるようなイケメンでもないわけで。いくらジャケットスタイルでゲタを履かせてもらったところで、元の素材が悪いとどうにも(笑)結局、各種パーツについて書かれた辞書みたいなのを残して、土曜日の廃品回収でサヨウナラしちゃって終わりました。



ああそうそう、



メンズヤングじゃないからな。



念のため。




それにしてもSMARTは、値段の割には情報量が多いですねぇ。あと、付録も毎回充実というか、ボリュームがあります。今月分なんか、缶ケースに油取り紙がついてるのですよ。宣伝料とかもちゃんと取ってるんでしょうが、採算が合うのかちょっと疑惑。



難を申せば「わざわざ給料日前に新刊が出る」ってとこです。特に、付録ありの雑誌は必ず輪ゴムで止められるもんだから、おサイフが貧しいと、立ち読みすらできずにもどかしく思いますよ。



精神的健康を考慮して、25日発売になりゃしませんかね。




本日の執筆は以上。お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 06:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

アリプロデッドヒート

しょげてもいいけど、その後はキッチリ切り替えていきましょう。こんにちは、紫苑兼光でございます。朝っぱらから萎えたり燃えたりと、変に忙しかったわけでありますが、先ほど自宅へ帰ってきました。



んじゃ、まずは燃えた理由から。



アリプロ(H)


ゼロで散々粘着したのが、ポップンに出てくる曲のひとつであります、「アリプロ(愛と誠)」です。



普段私が叩ける曲のレベルは23〜25の間なのですが…同一曲2段階目のレベル・ハイパーでは29です。ちなみに「クイズマジックアカデミー」のハイパーも29なのですが…BAD3ケタ間際で堂々の陥落。これが示すとおり、私には無謀な挑戦…のはずでしした。



それがなんとまあ、失敗したとはいえ写真のとおりBAD28、最大コンボが103という大快挙(注:本日の最高記録)だったわけで。こりゃもう、当の本人が舞い上がりましたわ。で、味を占めたのか…、



「こりゃイケる!」


「1、3曲目はアリプロで埋めてまえ!」


「譜面は徐々に見えてきてる、後は腕がついていくかどうかや!」



五月蝿いぞ、バカ。



今日だけで10回はやったぞ、アリプロ。お陰でマイベストランキングのトップが入れ替わったじゃん。



チケットぴあさん、こんなアホでごめんなぁ(笑)




で、こっからは萎えた理由。



マイ携帯のバッテリーがおかしい…読者の中には、私からこのセリフを聞かれた方は少なくないかと思います。どれほどのものかと申しますと、フル充電状態で30分ウェブに繋いだ程度で電池が3から1になる…それほどヒドい状況です。



トドメは、少し放置すると3まで回復。ソニータイマーでこんな器用なマネができるはずがない!



というわけで、まずはヨドバシ内のauカウンターへ。事情を説明したところ、1〜2週間修理に預けて原因を調べ、必要があれば電池・基盤の交換を行う事ができるそうです(無料らしいですが、落下・水没の形跡が見られたら有料)。しかし、ここでは代替機を貸し出す事ができない…つまり、この期間は携帯がまるで使えなくなるため、auショップへ行った方がよい、という結論に至りました。



そこで、地元についた後で市役所近くのauショップへ向かいました。さて、ここからが(自主規制)の始まり。



まずは何より「ハートフルサービス」を謳っている店で、男性店員の対応がどことなくぶっきらぼう。だがまあそれはいい、私は目的さえ達成されれば何も言わん。



ここでも同様に事情を話したところ、提示された対応策は「バッテリーの交換」と「機種変更」。代替機種を用意しての既存機検査はハナから話にのぼりません。早い話「何も考えずカネを落とせ」…そういうことらしいです。しかも、W31Sのバッテリーは約4,000円かかるのですが、auポイントを使えば1,000Pの負担で済むそうです。



最も腹が立ったのはその後の店員の一言。



「バッテリーでauポイントを使うと、機種変更に使えるポイントがなくなりますから勿体無いですよ」



バカ言っちゃいけねぇ!



私の記憶が確かならば機種変更時で、auポイントは1P=1円換算、500Pからの利用が可能だったはずです。今の機種を使い続けたい私にとっては、ここで1000P使う方が明らかにトクです。



携帯電話は1年ごとに買い換えるべき…それは売り手が作ったニセの常識でしょうが。今のラインナップなら、電話とメールは問題なし、ウェブも高速化が進展、そして大画面かつ精彩なTFT液晶が浸透。



じゃあ何が極め付けかって?そりゃ、各機種特有のレアリティで差別化しているわけでしょう?



私の持っている、W31Sという機種が満たしてくれたスペック…ソニー製、200万画素・AFつきCCDカメラ、音楽鑑賞可能、折りたたみ式不可という機能を同時にすべて満たせるのは、今のところこれしかないのです。あとはカメラがCMOSになったり、AFがなかったりと、イロイロ満足いかない事があるのです。



本当に「ハートフル」を掲げるのならば、これくらいは考えて欲しいものです。まったく、売る側になった途端、買う側の気持ちなんてスッ飛ぶんだから!




本日の執筆は以上、お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 13:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

満身創痍の人間ドック

病気や怪我の時は無理をなさらぬように…。夜分恐れ入ります、紫苑兼光でございます。季節の変わり目はカゼを引きやすいと聞きます。皆様、ご自愛くださいませ。



と、申してみたはいいのですが…、



当の本人がやらかしてます。




さて、今日はちぃーとグロめ、手術歴のお話です。ごめんなさいね。



時は遡り高校時代。2年生の途中から、何を思ってか友人の誘いもあり、柔道部に入部する事となりました。



入ってみたはいいものの、元々体はあまりタフではなかったり、入部直後に一本背負いで頭から垂直落下してみたり、1日何十回も投げられてみたり…などなど、受け身がある程度できるようになるまでが大変でした。



柔道から離れ、予備校に入学して少し経つと、なぜか両肩に鈍い痛みが来るようになりました。最初はそれほどでもなかったのですが…大学入学間際になれば、無視できないほどになっていました。もうね、肩を上げても降ろしても、結局痛む。



そこで、入学後にコッソリ医者に診て貰いに行ったところ…検査の結果、



「手術の必要がある」



キッパリ言われちゃいました。あはは。どうやら肩の奥に血が溜まっていたらしいのです。それが、徐々に神経を圧迫する形になったとか。しかも、両方なのがまたタチの悪いことで。



両肩いっぺんにオペると日常生活に支障が出るので、片方ずつ治療を受けました。



しかもこれ、何が恐いかって言うと…まずは、麻酔薬を打ち込む為の注射。フツーのちっこいやつじゃなくて、アニメでギャグ交じりに出てくるようなデッカイのが出てきたんです。あれを、ワキの下10箇所くらいに、ちょっとずつブスブスと。あと、全身麻酔じゃないもんですから、手術の音とか全部聞こえちゃうんですよ。特に、血を吸い出す時の音とか…量も結構あっただけに、おっかねぇもんです。



1回目の右肩の時は、泣きました。



2回目の左肩の時は、寝てました。




両肩完治まで2ヵ月はかかったでしょうか。「抜糸が済むまで肘から上は動かすな」と言われた時期が、一番キツかったですねぇ。しかも、夜勤つき。



今では日常生活に差し支えはありませんが、あまり無茶に負担をかけると肩が痛み出すので、そのたびにこの事を思い出しますねぇ。




そういうことで。



このくらいならまだ良いものの…交通事故とかに遭遇して、変に意識があるまま病院に担ぎ込まれたりすると大変ですよ?くれぐれも「大ケガをして楽しいひと時が壊れちゃった」なんて事のないように、お気をつけくださいませ。




本日の執筆は以上。お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 22:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

飲めよ騒げよ弾けろよ

断眠記録に挑むのは、ご自身の体とよーく相談しましょう。こんばんは、紫苑兼光でございます。いやはや…「飲み→徹カラ」の流れも久しぶりであります。



ただし、ヘアワックスとコンタクトレンズをつけたまま眠ったら大変なことになります。起きたらみんなで分身の術してたり、髪がドえらい事になってたり…。




さあ、そんな沈んだ気分を吹き飛ばすかのように、本日よーやく届きました。久々にオンラインショップ経由にて、CDを1枚買ったので、今日はそのお話を。



moment


・Happy Hardcore To You


 moment


 ZERO GRAVITY RECORDS



moment?誰それ?



多分(どころかほぼ100%)、そう仰るでしょう。それもそのはず…実は私も、mixiのハピコア関連コミュ訪問、検索の連発で見つけましたからねぇ。




話は多少前後しますが、このCDの音楽ジャンルはタイトルにもある通り「Happy Hardcore(略称:ハピコア)」です。このハピコアというジャンル…ビートマニアをプレーされた方は「聞いた事があるような、ないような」と思われるかも知れません。



具体的にタイトルを出せば…「HAPPY☆ANGEL」。



ホンマ好きやねぇ、この曲。




そんなこんなで、このblogでも散々出てきた「HAPPY☆ANGEL」を聞き込んでいくうちに、「ハピコアが1曲だけしか入っていないのは寂しい。しかも、いくら気分が上がるからって1曲だけバカみたいに回すのは逆に萎えるなぁ…」と思うようになりまして。かといって、普通のCDショップでハピコアのジャンルで纏められた棚を見かけることもなく。



仕方ないからググって見れば、結構出るわ出るわ。何で今まで気づかなかったのか不思議なくらいでした。



買ってみたCD以外にも、中にはタダでダウンロードできるものもありました。とりあえずテンションが上がる曲に絞って、適当に落としてみたりもしました。なかなか気に入った曲に当たる確率が低いので、もう少し探す必要があるでしょうけど。




今回は、「とにかくテンションが上がりゃいいや!」くらいのノリですが…次回以降はUKハードコアもじっくり聴いてみたいところです。




本日の執筆は以上。お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

何も言わずコレを食え

この時間から暑いのってたまんないですよね。おはようございます、紫苑兼光でございます。丁度暑さが復活する前に、セブンイレブンではおでんの70円均一セールが終わっちゃいました。しかし、多少話が変わるのですが、今年から見かけるようになった、



おでんくん




「おでんくん」


「だいこん先生」とか「いとこんくん」とか、終いにゃ「ゴマキちゃん」とか「たこボールナース」とか、ユニークな名前が付けられている中、ヒネリもなんにもないじゃないですかい。あの外見ですからせめて、



「ウルトラ巾ちゃん」



くらいにゃならんかねぇ…?



みゆにゃんに叱られそうですけど(笑)




さて、困った事に…ものすごい空腹の為、サッパリ頭が回りません。まあ、「普段から回ってねーじゃん」と言われればそれまでなのですが。



というわけで…空腹しのぎに食べ物の想像をして、ブログ執筆終了までもたせる事にしましょう。折角前書きでも触れましたから、おでんの話でもしますか。




私の場合ですと、おでんといえば、まずは「厚揚げ」ですね。これがないと始まらない。もうひとつゼイタクを申しますと、しっかりダシが染み込んでいないものは認めません。



冬場にならないと出ない店は多いらしいですが、「じゃがいも」も捨て難いです。あまり煮過ぎると型崩れを起こしてしまいますが、適度に煮込んだものですと、丁度いい固さで味わえます。



ちょっと難しいものですと「たまご」。これは煮込んだ当日でなければ認めません。たまにおでんを作り過ぎたお陰で、翌日のゴハンまでまわる事があります。しかし、厚揚げやこんにゃくなどならまだしも、たまごだけは残してはなりません!2日モノのたまごは、固いわパサつくわ黄身が拡散するわで、とんでもなくマズくなっちゃいます。



それから最後に「ひら天」。あまり中までダシが染みすぎると、ひら天自体のあっさり感がどっか行っちゃうので、私はあまり煮込みすぎないぐらいが好きですねぇ。




…アカン、腹減りに耐えられなくなってきたので、どっかでブランチ買うなり、食べてくるなりしてきます。




本日の執筆は以上。お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

自宅じゃ上手く焼けん

まだまだ扇風機が手放せない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。こんばんは、紫苑兼光でございます。季節の変わり目は体調を崩しやすい傾向にあるそうで…くれぐれもご自愛くださいませ。



俺も、酒控えるからよぉ。



こんなん書いといて、どうせ今日もひとり酒かますんだろうけど…ああ、思わずロンリーフィール。




さて、ちょいとばっかし(どうでもいい)悩みを聞いておくんなまし。ついさっきもそこで食べてきたばっかりなんですが…自宅近くにある、某中華料理店のメニューの事なんですわ。



私は、夜勤明けにギョーザをよく食べたがります。それも、1人前6個よか、2人前12個で頼むと、中華萌え係数が当社比150%増しになっちゃうという性質を持っておるのです。それくらい、元気が足りない時はギョーザ依存症になってるわけですが、「これは付いて来んでもえーねん」と思いたくなるものもあるわけで…。



漬物とかつけものとかツケモノとか、な。




そこで、ですよ。



いかにしてギョーザを絡めつつ漬物包囲網を突破すべきか」をテーマに、最も費用対効果の高いメニューセレクトを行ってみたわけなんですわ。いわゆる、俺メニュー。私の目的としては「餃子6個、できれば12個が入る」「漬物がない」「ごはんが付く」「そんなに高くない」「猫舌にやさしい」…この5つを満たすよう考えてみました。



・餃子定食(焼飯)


餃子6個、からあげ、焼飯、スープから成る。


長所…ゼイタクにもご飯が焼飯になる。気分次第で天津飯にも変えられる。


短所…からあげはヤケドのもと。値段がチョイ高め。



・昆陽定食


ベースメニューにご飯、つけもの、スープ。さらに、餃子6個、ミニからあげ、ミニかに玉、ミニラーメンの中から2品選択。


長所…値段の割に選択の幅が広い。


短所…つけものがジャマ。かに玉は「玉」だけのような気がした。



・餃子1人前+Aセット


単品メニューに、ご飯、餃子、スープ、つけものを加える。


長所…理論上、昆陽定食よかさらに5円安くなる。餃子が12個になる。


短所…心理的に抵抗のあるオーダー。つけものは帰れ。



・餃子2人前+ご飯


単品メニューの組み合わせ。


長所…餃子12個ついてる上に、Aセットよか20円ほど安くなる。


短所…食べてる途中で飽きる。




あかん、どれも一長一短ですわ。



頭が痛くなるので、やっぱし「当日の気分次第」に留めときます。あんまし深く考え過ぎると、うつが再発しそうじゃけん(笑)




本日の執筆は以上。お粗末さまでした。

posted by 紫苑兼光 at 19:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

10cm隣に異世界の扉が

最近、夜に元気をなくし気味の紫苑です。こんにちは。多分、原因は「部屋の散らかり具合」だと思います。特に、机の上と机の中が、かな〜りアヤシクなっております。



どう怪しいかは「妄想」すべし。




まあ、これだけだと「読者にネタ振り丸投げすんな」とお叱りを受けそうでありますので、チラリと見える程度に話を流しましょう。



夜からゼロへ出向いたあと、パッフェルさん、ひおてぃーさん、もんぷティさんの4名で、久々にとらのあなへ行きました。しかも、珍しく昨日は私も久々に本を買いまして…写真に挙げた2冊でございます。



買った本


・貧乏姉妹物語3巻


 かずといずみ著


 小学館、サンデーGX掲載





・ことのは


 よしづきくみち著


 同人誌



貧乏姉妹物語は「2巻から結構経ってるし、そろそろ次が出ててもいいんじゃないか?」と思いまして…探してみれば平積みではなく、1、2巻揃って棚の中でした。うぅむ…「マンガは3巻目で、どこかひっくり返る流れがある」という法則を聞いた事があるので、この扱いはちょいとショック。実際、今回のストーリーはそういうところがあったのですよ…なんてこったい。



あと、ほんの気のせいだと思うのですが…このマンガ、そろそろ最終回が近づいてきたのかなぁ、とも感じました。で、こっからは私の注文なのですが、もし次回作が出るならば、



週刊誌掲載がいいなぁ…。



月間だと、待ってる間がたまらなく長いんだわ。以上、読者の勝手な都合。




そしてもう1冊は「魔法遣いに大切なこと」でその名を知った、よしづきくみちさんの作品「ことのは」であります。これは、ひおてぃーさんから紹介してもらった本なのですが…困った事に、最初本を見せてもらった時「な〜んかよしづきさんの絵にエラい似てんなぁ…」くらいしか思いませんでした。



「知ってる人少ないから反応あるかと思ったんですがねぇ…」



ごめんなさい、ひおてぃーさん。私が無頓着でした。



というか「フツーに本屋で見かける本を描いている作者が、同人誌も出していた」というパターンもあるというのは、正直頭になかったんでしょうねぇ。同人誌の作者とは「ネタにしたゲームや作者などのファンで、自分もそれをベースにした絵を描いてみよう」という認識しかありませんでした。



で、折角薦められた事もあり「ことのは」を探しにブラブラと店内を歩き、いざ見つけてみればここでビックリ。同人誌そのものには作者の名前がカバーに書いてなかったのですが…裏側に「つちのこ準星群」のURLが明記、さらに見本誌を見てみれば「よしづきくみち」…。



そういう事だったのかぁぁっ!!



というわけであります。



以前ラーメン屋へ4、5人くらいで突撃した時に、1度だけ、ほんの少しだけ話が出た事がありましたから、ひおてぃーさんは私がよしづきさんの作品好きということで、今回薦めていただいたんですねぇ…いやはや、もう少しでチャンスを逃すところでした。




ところで、いざ中を拝見すれば…まえがきに「暫く同人活動をお休みして、商業誌に専念する」という表記がありました。もしかすると、商業誌と同人誌の違いは、コスト意識や話題の作り方など、コンセプトに適した形で出版方法を選んでいるだけなのか、と感じるに至りました。



いついかなる時であっても、思考停止は大罪なのですねぇ。

posted by 紫苑兼光 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

朝っぱらから腹一杯!

毎朝6時起床がデフォルトスタイルになってきた紫苑です。おはようございます。眠くなったらお昼寝で賄っておるわけですが、やはり朝からエンジンがかけられる生活というのは、気合が入ります。



ただし…朝からDDRとか、そんなエゲツない事ができるわけでもありませんが。




さて、話は遡るのですが、昨日は久々に服を買ってきました。8月の給料が結構入ったので、買うならば「ゲーセン代と食費で消えない今のうち」というやつです。特にゲーム代…プレー頻度が減ったからといっても、めっきり通わないという割合でもありませんからねぇ。



万券1枚で残ってるよか、千円札10枚で残ってる方が、なぜか金遣いが荒くなっちゃうんですよねぇ(笑)



だったら、固定費計算して、残りの分から服にまわせる金額を計算して、さっさと買っちゃった方がいいんじゃないか、と。収入減ってからというものの、毎度毎度「あとまわし」でしたから。



というわけで秋・冬に向けて、ジャケット1着と靴1足を購入。これまた珍しく「量より質」で。昨年、手持ちのジャケットが全滅っぽくなってしまったので、もう少し補充の必要があるのがフトコロに辛いところです。1着は糸のほつれとくたびれ具合、もう1着は色落ち…。



こりゃもうダメだろ。



ツケは随分と高くついているようです。




あと…もんぷティさんとバビヤールさんに触発されてか、どうやら紫苑はアクセ関連にも強い興味を示しだしたようです。まあ、今持ってるアクセといえば、以前百貨店のイベントで買った、黒い数珠ブレスだけ。何もつけないか、時計をつけるか、ブレスをつけるか…ちと選択肢の幅が狭いなぁ、と。



そういうことで、あまり頑張り過ぎない程度に、この辺も見てみようかなぁ、と考えています。



余談代わりにネタばらしですが、持ってる数珠の素材…実は「トルマリン」です。



ムダに健康志向。




おしらせ


8/30〜8/31にかけて、内定先の企業研修へ出席します。





そのため、この2日間は更新・レス共に不可能となります。また、重要な連絡などをこの日に受けたとしても、それに対応する行動もできません。ご了承下さい。

posted by 紫苑兼光 at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

血液危機は他人事か?

顔剃り中に眠るのは、男として当然の事であると信じている紫苑です。おはようございます。やはり、髪が伸びてくると行動力が落ちる法則は、私にとって真実のようです。




というわけで、夜勤明けにシャワー浴びて、いざ床屋へ。予約なしで突っ込む姿は、まさに開店前のパチプロの心境でしょうか?



いつもなら、大学通りにある美容院へ向かうのですが…さすがに今は夏休み。それだけのために、往復交通費1,200円はチト痛いですから、近場で済ませておきました。技術料はさほど変わらないのですが、やはり床屋最強の武器「顔剃り」は、たまにやってもらうと気持ちいいのです。



美容院のおねーさんとのtalkも盛り上がる(話題が合わないと辛いけど)方が、喋る機会の少ない私としては嬉しいのですが、今日は夜勤明け。ダルそうに話を繋ごうとしても上手くいくはずもありません。こういう時は黙っていられる床屋の方が、メリットは大きいですね。




土曜日ということで15分ほど待ちましたが、それほどストレスを感じる事無く名前が呼ばれました。床屋であまりオーバーなカットをやってもらうのは、経験上あまりいい結果が出ないと知っているので、全体的に1センチくらい切ってもらい、少し多めにシャギーを入れてもらう程度にしておきました。



もちろんシャンプーはなしです。朝洗ったばっかなのに、さらに200円追加はもったいないですから(笑)




カット自体は難なく終わったのですが…問題は、その後髪乾燥+顔剃りに来た、推定50代のオバちゃん。このバァさんが、首から上でお遊戯かましてくれました。



右手でドライヤーを構え、電源を入れます。勢いよく熱風が吹き出した直後、左手が手櫛と化します。リズミカルなスイングが4、5回ほど続くと…、



ぺちっ!



ちょっと痛い。けれどもババァは構わずスイングガールばりにジャズやってるべ。そうすると、やっぱり4、5回ほどすれば…、



ぺちっ!



乾燥中に、客の頭へビンタをかますマッサージ技術って…ありましたっけ?




さて、5回くらいビンタを喰らって、血行が良くなった(?)後に、お楽しみの顔剃りですが…、これには本気で冷や汗ダラダラ。



ハチロクばりに剃刀をすべらせるな!!



これを頚動脈付近でやられました。しかも、周りは周りで、他の客のカットに必死なもんですから、誰も止める人はいません。さすがに今の時代、床屋で首を切られて死亡する人なんて、そうそういるわけがないでしょうに…。



「俺さぁ、ついさっき顔剃り中に頚動脈をバッサリ切られて死んじゃったんだよ。やたら赤い液体がエアーウォーターガンで撃ったみたいに飛んでったぜ〜(笑)」



体験談を話す機会すら奪われるって、哀しいですよね。




特に、夏場の献血量って、かなり少なくなるみたいですよ。

posted by 紫苑兼光 at 10:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

想定外こそ想像の範囲

それは、こーちゃさん、フィルヴィスさんと過ごした後のことです。





バビヤールさん、もんぷティさんと共に喫茶店で対談中、股ぐらへ飲みかけた「ミルクイン・ノンシロップのアイスコーヒー」をこぼした紫苑です。こんばんは。しかし…意外な事に被害の幅は狭く、鞄に入った「ネット利用料2か月分の振込用紙」、テーブルに置いていた「勤続1年を越す携帯電話」、さらには直撃を受けたズボン左ポケットに内包していた「HDDプレイヤーwithイヤホン」…etc,





こいつらみんな無事でした。





最も、自宅に帰るまで、香ばしきコーヒーの怨霊と格闘せざるを得なかった件については、申し上げるまでもございません。お疲れの所にも関わらず、同じ車両にて時を過ごした周囲の方々は、さぞや迷惑だったことでしょう。








さて、斎戒沐浴を済ませたところで、シャーマン稼業をやめて、本題へ移る事にしましょう。今日のお話は、会談でも一時ネタとなりました「日記執筆とコメント」の件でございます。ちなみに、今回ネタにした件は、本日の会談以前に、アサギリさんからも教授を受けた事があります。





稚拙ながらもウェブ上で情報発信するようになり、今年で3年目を迎える私自身、最近になってようやく気づいた事なのですが…それは「自分で日記を1000字執筆するよりも、誰かのコトバへ100字コメントする方が至難を極める」ということです。さらに、ここで言う「コトバ」とは、自分の日記に頂いたコメントへレスする事を含みます。





コメントする事が難しい理由としては「相手との対話を必要とする」…これが第一であると考えられます。








卑近ながら、私を例に申し上げます。








私の日記ですが、大抵は次のような流れを意識しています。





まずは「執筆の本題(ネタ)」を1つだけ取り上げます。次に、私の起こした行動(意見)と挨拶から成る「マエセツ」を置きます。そして、「本題明示(ネタばらし)」の後、それに従い「詳説(本文)」を展開します。最後に、日記の終了意思を表示すべく「シメ」の文章を書いて終わりです。補足などが必要であれば「あとがき」として、追伸などを明記し、アップロード後に「推敲(見直し)」をする…骨組みだけバラせば、これが私の執筆システムの根幹です。





ネタにもよりますが、ある程度纏まった時間さえあれば、そこそこ納得のいく文章にはなります。








ただし、誰かの文章にコメントする…この場合は先に挙げた「執筆フォーム」が、まるで使い物になりません。毎度毎度のコメントを、ことごとくこんなスタイルで書かれても、日記を書いた側は「テンプレ返信されても面白くないわい」と考える事は間違いないでしょうから。





もちろん、時間を掛けた思考を経る事無く、コメントが自然に出る場合もあります。しかし「これを書けばどう考えるか?」「日記を読んだ上でのコトバになっているか?」「まるで関係のない話題で返していないか?」…など、時に考えるべき事は際限なく出てきます。また、読者自身が不得手な話題だったり、何らかの信条に触れる可能性のある件など、何分掛けようがコメントしたくてもできない、という状況も生まれます。





いくらblog慣れしていようと、読んだ文章全部に的確なコメントを残せる方なんて存在しないのです。それは、他のblogを読んで頂ければ、すぐに共感いただけるかと思います。第一、読んだならコメントのひとつくらいくれよ、なんて強要されたら、読者としてはたまったもんじゃありません。








「俺は書ける時(もしくは書くべき時)に書き、読みたい時に読む。だけど、俺もblogとして日記を公開する以上、誰かの反応は欲しい。それも、どうせならケチつけられるよか、共感的なコメントがいいに決まってる」





そう考えるのが自然だと思います。





少なくとも、私はそうです。








極めるには、遠すぎる道のようです。

posted by 紫苑兼光 at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

向日葵と奏でるは祝福

梅田で遊んだ帰りに、パッフェルさんと新しくできたラーメン屋でメシ食ったくせに、帰宅後さらに発泡酒+カレーライスという暴挙をかました紫苑です。おはようございます。今まで食欲が薄れていたのが、まるでウソのようです。



結局、誰かと喋るのって、生きる上で重要ってことですよ。たとえネタをうまく振れなかったり、場を盛り上げられなかったりしても…。



しかし、盛り上がりに欠ける私に後ほど辟易。



当の本人は普段の会話では決して、ネタがスッと出てくるわけでも、引き出しが豊富なわけでもありません。ご理解の程、よろしくお願い致します。




さて、前日の日記で多少後ろ向きなネタを出したので、今日はそれなりに明るい話題をば。



以前の私…特に、2年前までは夜型の生活スタイルが染み付いていたのですが、最近はどうも朝型のスタイルに戻りつつあるようです。夜遅く起きていた割に、翌日(正確には本日)の朝には目覚まし抜きで、掛け布団を蹴り飛ばす確率が、日に日に高まってきています。



授業のある日が、いつもこうだといいんですけどね。



逆に、17時から22時辺りまでは、最も調子が悪い時間帯のようです。特に夜勤前に、仮眠に充てることが多い時間帯なので、身体がそれを記憶しているのでしょう。夕食を食べる前ともなれば、頭の回転はさらに悪化…。




そんなこんなで、朝から使える時間が増えていることに大喜びな紫苑でございますが、この時間に何をしているのかといいますと、こんな具合です。




・テイルズウィーバー


はい、朝っぱらから廃人ライフ始動。



しかしこれを侮るなかれ…当然、朝はログイン人数も少ない為、商売の下ごしらえ、キャラ育成など、余裕を持って行えるのです。ちなみに現在、ウイングクーポンというアイテムを集めて、レアなアイテムと交換できるイベント期間中なのですが、集めたクーポンの半数近くは、6時〜8時に原材料を仕入れている「ついでに」獲得したものです。



余談ですが、商売が軌道に乗ったのか貯金は500万SEEDを突破。



*SEED…テイルズウィーバー内の通貨。



・読書


昼間よりも気温は低め、セミの声も控えめと、集中するのにはもってこいの状況です。多少難を言えば、空腹が原因で集中力が削がれる事が多いくらいです。



個人的に気になるのは、同じ本でも読む時間帯によっては、共感できる内容、気づく事、思いつく事などに、違いがはっきりと現れる点です。しかも、頭に残る度合いがとても大きい。



・散歩


最近は、特に運動不足を痛感しています。ただ立っているだけでも、1時間もすれば眠気に襲われたり、足が痛くなったりと散々です。年齢は20代のクセに、なんてグータラ振りか…我ながら情けない限りです。



そこで、この時間を散歩に費やす事も増えています。案外、ジッとしている時よりも、色々と思い浮かぶ事が多いのが特徴です。コンビニへ立ち読みしに行くとか、あまりに早く起きすぎたから吉野家で朝メシにしようとか…理由はその都度様々。




各種ビジネス書でも「朝の使い方で仕事に差がつく」という文言は、どの書物でもよく拝見します。特に、エグゼクティブ層には早起きの方、朝に強い方は非常に多いそうです。



ここはひとつ、皆様も朝の使い方というものを、一度じっくり考えてみてはいかがでしょうか?




と、自然の摂理に逆らい続けてまでバイトでカネを稼ぐ、紫苑でした。

posted by 紫苑兼光 at 08:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

振り向けばネコビーム

電化製品を、コンセント差しっぱで動かそうとした先輩に、店長と2人してツッコんだ紫苑です。おはようございます。私のバイト先では、5時ごろから、おでんと中華まんのスタンバイでした。毎年毎年、結構早い時期から準備を始めることに、謎めく方もいらっしゃることでしょうが…、



冷房+おでんは贅沢だよ!



化石燃料が枯れる前に、代替燃料は一般に広く普及できるでしょうか。いや、そうでなくては困ります。




さて、今日はバイト先の駐車場に巣食う、猫さん達のお話です。



私が駐車場の掃除をするため外に出る頃…だいたい、4時から4時半あたりに外へ出ると、猫さん達は駐車場を我が物顔で占領しています…最も、3匹程度ですから、猫の額程度のスペースで、遠慮がちに遊んでおるわけですが。



丸まって休んでいたり、車の下でかくれんぼしてみたり、駐車場の片隅に撒かれたエサを食べていたり、時には腹を見せて寝転んでいたり(これはめっちゃレア)…無邪気な連中です。ちなみに、今日は2匹がド真ん中でバトルロワイヤルしてました。



もちろん私はS席独占。



仕事サボって何やってんだか。せめて給料分はしっかり働け(笑)




と、どうぶつ奇想天外にスカウトされそうな市民的アイドル(と勝手に思っている)猫さんちゅ→の自称熱狂的ファン、紫苑兼光一番のお気に入りポーズは「スフィンクス休憩」です。文字通り…エジプトにおはします、スフィンクスが座っている体勢で、猫さんが威風堂々とポージングしている…あの構えが大のお気に入りなんですわ。



しかも、ポージングの場所が違っていても、視線はなぜか一箇所に限定。これがなぜだかわからない。彼(彼女?)は、一体そこに何を見ているのでしょう?




それが気になって、ついでに掃除をしながらも、猫さんにサインでも頂こうかと何度も近づいてみたりしたのですが…ほぼ100%の確率で、約2メートルの距離になると、突然こっちを振り向くんですよ。その時、たまに目からビームかましてくれたりと、サービス精神もバッチグーです。



前触れもなく、




くわっ!




って照射してくれるのですよ(笑)



あれが、またたまらんのです。




ちなみに、写真で撮るとこんな感じ(切り抜き済)。いやはや、ファンのココロをよく理解していらっしゃる!



目からビーム
posted by 紫苑兼光 at 06:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

中身までは問わずとも

高校野球の解説などで、精神論を前面に出す人が嫌いな紫苑です。こんばんは。そりゃねぇ…テクニックはプロと比べて劣るでしょうが、なんでもかんでも「気合の入ったスイング」とか「闘志あふれるピッチング」で片付けていいのか?と思います。



気合だけで野球ができるか!




さて、高校野球スキーな方から「それが高校野球の魅力じゃないか!」と、バッシングされそうな暴論をのたもうてみたわけですが、今日のネタは決して赤くありません。



今日の昼頃、こんなものが自宅に届きました。



SDカード緑


自動車安全運転センターから送られた「SD(Safe Driver)カード」でございます。1年間、継続して無事故・無違反を達成したからという理由で、表面は若草色です。



やれやれ、若葉マーク装着義務期間が終わったと思えば、またも若葉色のお世話になるのですか(笑)




ただ…折角頂いたところ申し訳ないのですが、



貰ってもあまり嬉しくないです。



では、以下ツッコミを行います。



まず、自動車安全運転センターのHPによれば、このカードは「無事故・無違反証明書か運転記録証明書を申し込まれた方で証明日以前に1年以上事故・違反等の記録がない場合に、証明書に添えてSDカードを差し上げています。」とあります。つまりは「SDカードをくれ」と言わなければ、決して届かないはずなのです。初心運転者期間を無事故・無違反で過ごせば、要請がなくともカードを贈呈する、という記載もありません。どういうことなのでしょう?



次に、私はこの1年、マトモに車を動かした事がないのです。数字で言えば、10回も運転していません。しかも、運転すれば先に免許を取った弟から罵声が飛ぶほど、運転はヘタらしいです。自前の車も持っていないこともあり、お陰ですっかり運転嫌いになってしまいました。そんなドライバーの無事故・無違反に敬意を示されても事なかれ主義マンセー」とでも言いたいのかと、邪推してしまいます。




最も、ガソリンの値段が上昇傾向にあるこの時代に、GSでの燃料割引が利くというのは嬉しい限りです。また、業種を問わず割引対象の店舗が結構存在するようですので、折角ですから恩恵を享受できる所は、したたかに頂こうかと思います。




参考資料(HP)





自動車安全運転センター


(SDカードによる割引対象店舗の検索も、こちらで行えます)





For PC


ドコモ、au


vodafone

posted by 紫苑兼光 at 19:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

維持するのも大変だよ

起きたとたんに「先日のタンス運びの件で、お礼にビール券10枚もらっちゃった」と報告を受けた紫苑です。こんにちは。4缶分を頂き、今月の酒代はちょっと楽になりそうです。




ところで。



今日はちょっとショックなニュースを、スポーツ新聞とテレビから拝見してしまいました。このblogには珍しく、スポーツ関連のおはなしです。



阪神タイガースの藤川投手が、今日にも一軍抹消されるという事だそうです。



原因は、やはり肩の故障。



「守護神」と称され、連日の過酷な起用が、身体に無理な負担をかけてしまったのでしょうか。私は元々中日ファンなのですが、藤川投手も好きな選手のひとりです。今後の選手生命に関わるケガにならなければいいのですが…。




話は変わりますが、「モノを投げる」という動作は、身体にとってあまりよくない行動であるというのを、どこかの本から読んだ事があります。遠心力で指先の毛細血管が破れたり、肩の軟骨が磨り減ったり等、身体に大きな負担をかけます。プロ野球で、投球数の多い先発投手が一定期間の休みを取るのも、投手を潰さないためにも絶対不可欠なのです。



時に「投手は消耗品」と呼ばれる理由も、そこにあります。




皆様もご存知のとおり、藤川投手は直球派の投手で、しかも安定して150km台のボールを投げることのできる投手です。しかも、相手打者は「ストレートが来る」と理解していても、ボールにバットがついていかなかったり、ボールの下をスイングしてしまう程、ノビのある球が飛んできます。



さらに、たまにフォークを投げれば、球速の差でタイミングが合わず…変化球だらけになれば「今日は藤川が変化球ばかり投げた」なんて書かれる始末。



藤川投手にどうしろと(笑)



言い方は悪いですが…こんな便利なピッチャー、使わずにいられる方がクレイジーだと言われても仕方ありません。




しかし、だからこそ、敢えて使わずに済ませるのも大事ではないでしょうか。「強すぎる力は、逆にわが身をも滅ぼす」という意味の言葉もたくさんあります。阪神には、せっかくいいピッチャーが大勢いるのですから、ここでもう一度「投手を大事に使う」という事を考えて頂く、いい機会だとも考えます。




見ただけで「これはダイヤモンドだ」とわかるのだから、みんな高値をつけたがるわけで。どうせなら、ダイヤモンドの作り方を知っている方が、カネを儲けるにしてもエキサイティングと思いますが。

posted by 紫苑兼光 at 17:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

お兄さん、こちらへ。

左手の甲にICチップを移植して、サイフのマネジメントやら身分証明を兼ねる時代が来ちゃうのかなぁ、と、本気で心配した事のある紫苑です。こんにちは。



前回の日記でレスを頂いておりますが、当方の都合により返信は少々お待ち下さい。申し訳ありません。




さてさて、こちらのお財布事情も窮地を脱し、ようやくオクの代金が振り込まれました。本当は、昨日には入っているはずだったのですが…先方の入金終了お知らせメール送信時刻は、15時を過ぎておりました。



そりゃ昨日中に届かんわけだ。



というわけで、予定が1日ズレましたが、まずは朝っぱらからヨドバシカメラへ。マカフィー社のセキュリティソフトを買いに地下1階へ…危うく2ライセンスパックを持っていきそうになりましたが、レジの3メートル手前で気づき、難を逃れました。



次に、紀伊国屋書店。以前、雑賀さんからご紹介いただいた「オシムの言葉」を捜索。まあ、あれだけテレビで騒がれてたんだから、どっか平積みになってるだろうよ、ということでブラブラ…予想通り、この本には結構なスペースを割いていました。オシム本を手に取った後は、最近本を買っていないという理由で、「セブンイレブンの『16歳からの経営学』」という本も気になったので、こちらも買ってみる事にしました。



どっかから「あんた大学で何やってんの?」とツッコまれそうな気がしますが、そこは敢えてスルー願います



ちなみに、地元の本屋3件も捜索したのですが、オシム本は見当たりませんでした。ああ…これが田舎と都市の差というやつか。



アニラン6はたらい回し。



さて、用事を済ませた後は、ひさびさにゼロでQMAです。全国大会の影響か、やはりペガもケルも人が少なめだったようですね。問題にも救われたお陰で、4戦とも3回戦以上は確保できました。うむ、よきかなよきかな。



夏祭り?何そいつ?




久々にチケットぴあさんと会い、私の試合終了後「とある用事」で梅田界隈の店をブラつく事になりました。任務達成後は、3ビル地下の「ら・うどん」で食事です。私も入った事がなかったので、彼を道連れにれっつごー。うどんに+150円で、季節のごはん(今日は鮭ごはん)がついてくるとの事で、両者共にうどん+鮭飯を注文。すると…、



鮭飯上部におはしますはシイタケさん。



チケットぴあ、憤死寸前。



解説:チケットぴあさんは、キノコ類がお嫌いなのである。




食後に再びゼロへ、今度はポップンを軽くプレーしたところで私は撤収時刻となり、帰還でした。今度はいつお会いできるかわかりませんが、また一緒に飯でもよろしく。




追伸


失くしちゃイヤよ(笑)

posted by 紫苑兼光 at 17:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

通勤特急に乗り遅れて

夜勤連発とテイルズウィーバーとのコンボで、すっかり不健康な生活を送るハメになった紫苑です。こんばんは。まあ、ウィーバーは無料オンラインゲームということで、ある程度纏まった時間さえあれば、カネを掛けずに遊べるというのが最大の利点ですな。



時にこんな事になったりもしてました。



鍋パーテー


画像の通り、近所のプレイヤー巻き込んで「鍋大会」になってたわけですが、鍋自体は他の人のものだったんですよ。初撃に鍋をつついてみれば…なんか人が集まりだして、チャット大会になってました。多いときで10人くらい囲んでましたね。



みんなはこんな礼儀知らずになっちゃダメよ(笑)




さて、それはそれとして。



こちらも学生という身ですから、ご多分に漏れず夏休みがやってまいりました。そういうわけで、時間はある程度タップリあるはずなのですが…どうも気が緩んでいるせいか、



ネタがさっぱり出てきません。



というわけで…またある程度忙しくなるまで、多少更新頻度が減ると思います。最も、最近はQMAもやってないわ、黒い話からも遠ざかってるわで、すっかりヲチ対象としては面白みもなーんもないとこになっちゃいましたが。



そーゆーことで…特に用事のない私は、縁側でひなたぼっこでもさせてもらいますので、あしからず。




「忙しい人に仕事が集中する法則」



この意味が、なんとなくわかるような気がした瞬間でした。




久々にビールでも飲もうかね。

posted by 紫苑兼光 at 21:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。