2007年02月13日

我慢の日々

こんにちは、紫苑兼光でございます。




[音ゲー]


スティックを持つ場所



どうも今まで、スティックを長く持ちすぎてしまっていたようだ。



「長く見える方がカッコよく見える」という、俺のしょーもない哲学を覆す時がついにやってきた。人差し指と親指でつまむポイントを、なんと5センチも先端寄りにずらすハメになった。



しかし、これが意外と持ちやすい。ハイハット刻みの時、スティックがクルクル回って滑り落ちる事があまり見られなくなった。逆に、パッドの反動をうまく使えなくなってしまったが、それは練習次第なのだろう。




[QMA/雑学]


エラー回避:1



雑学多答にてうっかりミス。



銅婚式は結婚20周年以上だって?



んなわけあるかぁーっ!!



間違えたのは俺だけ。当然、2回戦敗退。



いつも通り決勝には行けなかったものの、それ以外はみんな3落ちだから、俺としては上出来か。




[日常/予定]


カムバック夜勤



この後は、問題の復習をやってから塚口へ。



給料の清算を行った後、仕事が入っているかどうかを確認。もしも昨日オファーが来た夜勤に行かねばならないのなら、20時から尼崎まで出張。今日の仕事がないのであれば、明日の仕事の確認をついでにやってから、軽く梅田にでも出撃しようかと。




本日の日記はこれでおしまい。お気に召しましたならば、またお越し下さい。

posted by 紫苑兼光 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2nd-Style(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

孫子を丸暗記する必要がないとはいえ

こんにちは、紫苑兼光でございます。




[日常]


マクドの疑問



今日の昼飯は久々にマクド。



そういえば、これまでずっと気になってた事がある。どうしてここは毎度毎度、オーダーを全部受けてから「〜は出来上がるまでn分ほど時間が掛かりますがよろしいでしょうか?」と、確認を取るのだろうか?と。先に言ってくれれば、早く食べられるものにオーダーを変えるか、それとも待ってでもそれを食べるか考える事もできるだろうに。



俺はマックチキン2つが上がるのに4分掛かるといわれた。結局、時間もあったし出来上がるのを待ったわけなのだが…なぜか体感1分ほどでトレーにマックチキン2つ、コーラM1つ、ポテトM1つと、全部のオーダーが揃った。いわくつきのマックチキンが出てきたのだろうか?



今のところ、身体にさしたる変調はない。




[QMA/日常]


ちょっと萌えた



「中小企業経営論」という授業で出てきた職人の名前が、QMAでも出題された。世界的な金属深絞り加工の職人さんは誰?という問題だ。特に、チタンの深絞りは、加工の難しさ故この方が経営する工場くらいでしか可能な所はないらしい。工場には産業スパイ対策もされるほどだ。



しかし…授業で出たのは覚えていても、20秒の間に名前までは思い出せなかった。名前が出てから「あっ!」と気づいても遅い。すげぇ悔しい。しかも、フルゲートのドラゴンで2人しか当てていなかった。その試合はなんとか予選通過できたものの、そこで正解できていたらと思うと、もっと悔しい。



そうそう、チタンの深絞りは「携帯電話のバッテリー製造技術」にも使われている。これがなければ、携帯電話の小型化はここまで進む事はなかっただろう。



最後に…このネタが授業で取り上げられた際に流されたビデオは「たけしの万物創世記」だ。



四直角マスター製造者への分岐問題が作られる可能性はないだろうか?これも同じビデオで流されたネタであるだけに、ちと気がかりでならない。




本日の日記はこれでおしまい。お気に召しましたならば、またお越し下さい。

posted by 紫苑兼光 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2nd-Style(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

寝坊地獄

最近、それまでのフォームではブログをアップできそうになくなっているので、今日から少しずつ書き方を変えます。こんばんは、紫苑兼光でございます。



長文を書くのが苦になったのか、それとも、自分の中で書くべきものを見つけられなくなったのか…どちらにせよ、昨年の2月11に比べて、紫苑兼光(いや、ジャスト1年前はSinだった)自分自身のあり方も、気の持ちようも随分変わったなぁ。



これは成長か、それとも退化か?




[日常/QMA]


久々の深夜プレー



土曜日はエルロにて深夜の廃プレー。先月まで土日はずっとバイト尽くしだったからか、こういう具合に時間を掛けられるようになったのは、ちと新鮮に感じる。しかし、当方はまだ学生ながらも、予備校に通っていた頃から「土日・盆・暮れ・正月」を意識しない生活が続いていたので、どうも「土曜日」という感覚に欠ける



多少余談めいた話が入ったが、話を戻そう。



当方、QMAにおいては現在ドラゴン組に属する。しかし、何せ元々そう多くの知識があるわけではないので、ゴールデンタイムはもちろん、昼間だろうが早朝だろうがポコポコ予選落ちの山を築く。決勝進出率は、恐らく1割を切っているかと。



しかし、昨日は時間帯が時間帯なのか、結構安定して3回戦以上に残れたので結構イライラする事もなく終われた。こういう気分でQMAをプレーできたのは久しぶりなように思う。




[QMA]


鍛錬



近頃はプレーそのものでの活動が減ったわけだが、また武器を作りたくなった。欲が出てきたとも、弱いままの自分に嫌気が差したとも、結構面白い問題に出逢ったからとも考えられる。



そのキッカケを作ってくれたのは「学問線結び」。まだ星の数は4だが、3になった辺りから結構いい具合に悶えている。1、2は合格最低点が低い事もあり、さほど強敵には感じなかったが、この辺からがシンドい。というか、どのジャンルの、どの形式も、星の数が4になった瞬間、えらく極端に解けない問題が増える。まあ、それは私が大してモノを知らないからという事もあるだろう。



芸能?ありゃあ3でもキツイよ(笑)



年単位ぶりに、携帯のメモリを気にする生活が再開しそうだ。一応、全ジャンルとも1つだけ、1つだけゴッソリ問題回収を復活させるつもりだから。




[執筆日誌/QMA]


懐古と羨望



さすがに芸能のみとはいえ、総合正解率50%を切ったところで相当危機感が来た。まったく、ここまでバカ正直かつ意図的に自分の無知を曝す輩も、私くらいのものだろうとちと苦笑気味だ。



雑学も古くからの武器であるはずなのに、もう50%台が見えている。今じゃあアニゲの方がまだマシだ。しかし、学問がまだ屋台骨になっている点においては、本当に助かっている。さらには、スポも線結びで結構面白いと感じた問題が出てくる事もあり、少々淡い希望を抱いてみたり。



ちなみに、今回取り入れたフォームは、同じ関西のQMAプレイヤーであるNOBUさんの文章をモロに参考としている。どうせ黙っていてもバレるだろうから、今のうちにさっさと自首しておく。最も、後で本人から「マネすんなよw」と苦情なり陰口なりが来るかどうかという点も、こう見えて少々ビビっている。



俺自身、ブログやメール、はたまた直接ケチをつけにいく割には、性根はかなり臆病なものでね。



もちろん、「もうちょい芸能ができるようになりたい」という願いが込められているかという点においては、もはや多くを語る必要があるまい。




[執筆日誌]


新しいブログタイトル



困った事に、まだよさげなタイトルが浮かばない。全体のスタイルもまだバラバラだ。さらに、CSSのいじり方をとうの昔に忘れてしまっているのには、「人間の忘却力」に感心するばかりだ。



いや、感心すべきなのは「俺の」忘却力か。




というわけで、今日の日記はこれでおしまい。お気に召しましたならば、またお越し下さい。

posted by 紫苑兼光 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2nd-Style(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。